テンション高めのウザキャラと息があった掛け合いで人気のお笑いコンビ・インディアンス。「よしもとで一番元気な若手」というキャッチコピーを掲げる彼らの漫才は、観ているだけで元気をもらえます。

インディアンスのプロフィール

インディアンス

インディアンス
所属事務所:吉本興業
【写真左】
田渕 章裕(たぶち あきひろ) ※ボケ担当
性別:男性
生年月日:1985年6月2日
身長/体重:172㎝/77kg
血液型:A型
出身地:兵庫県たつの市
【写真右】
きむ ※ツッコミ担当
本名:木村 亮介(きむら りょうすけ) 
性別:男性
生年月日:1987年12月24日
身長/体重:180㎝/80kg
血液型:O型
出身地:大阪府箕面市

※出典:https://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=5204

インディアンスの2人は大阪NSC31期生。2009年にコンビを結成しますが、2010年8月に一度解散。田渕章裕さんは人気兄弟コンビ・ミキの昴生さんと「やぶれかぶれ」というコンビを組みます。

一方、きむさんは田渕さんのような相方にめぐり会えなかったことで考え直し、連日に渡って田淵さんに「もう一度俺と組もう」と熱烈なラブコールを送り続けました。結局、田渕さんがそれに応える形で、同年12月に再結成し、現在に至ります。

コンビ名の「インディアンス」は、田渕さんの顔がメジャーリーグの球団「クリーブランド・インディアンス」の旧マスコットキャラクターに似ていたことが由来となっているそうです。
クリーブランド・インディアンス
※出典:https://twitter.com/kuriburandoinde?lang=fr

スポンサーリンク

インディアンスの芸風は? とにかく明るく楽しい漫才

田渕さんが調子よくボケ倒し続ける漫才が評判のインディアンス。きむさんも普通にツッコミを入れるだけでなく、田渕さんに悪ノリする場合があり、そうなると誰にも勢いを止めることができません。

ヤンキー

早口言葉

反抗期

公式YouTubeチャンネル『インディアンスのぃやぁっとうー!TV』ではインディアンスのネタを楽しむことができます。

インディアンス・田渕章裕の「ひまわり」の秘密は? 絵が得意?

「西のザキヤマ(アンタッチャブル・山崎弘也さん)」と呼ばれるほど、ウザいキャラに定評がある田渕章裕さん。気になるのはは、白いカッターシャツの胸に付けている「ひまわり」のコサージュです。

見る人に元気な印象を与えるひまわりは、上京する前に田渕さんの母親が手作りしてくれた思い出の品。「明るくて好きな花」とのことで、ステージに立つ際には必ず付けており、田渕さんのトレードマークになっています。

そんな田渕さんの特技は絵を描くこと。Twitterなどで、その腕前を披露しています。

漫才でのキャラクターからは想像できないですが、お笑い界屈指の絵心の持ち主のようです。

スポンサーリンク

インディアンス・きむの元ヤンキーの噂とは?

インディアンスの「ヤンキー」という漫才の冒頭で、「実はヤンキーだった」と発言しているきむさん。ネタだけの話かと思いきや、本当にヤンキーだったのでは?と噂になっています。

現在は眼鏡姿で優しい雰囲気なので、まったく想像できないですよね。
どうやら前述の「ヤンキー」の漫才以外でも、インディアンスはヤンキーネタが多く、きむさんが演じるヤンキーがあまりにもリアルすぎるため、そのような噂になっているようです。

きむさんが実際にヤンキーだったのかは明らかになっていませんが、今後インディアンスのヤンキーネタやエピソードトークに注視していきたいと思います。

まとめ

元気と明るさ、そして勢いは若手芸人の中でもトップクラスのインディアンス。自分たちが「命を燃やす大会」と語っている『M-1グランプリ』でも、今の勢いだけでなく確かな実力が発揮できれば、上位に食い込んでくる可能性が十分にあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク