『ゴッドタン(テレビ東京系)』の人気企画「この若手知ってんのか」で、「こいつは天才だ!」と一目置かれている芸人に選ばれたお笑いコンビ・フランスピアノ。漫才やコント、MCなど、何でも器用にこなせるオールラウンダー芸人です。

フランスピアノのプロフィール

フランスピアノ

フランスピアノ
所属事務所:グレープカンパニー
【写真左】
なかがわ りょう ※ツッコミ担当
性別:男性
生年月日:1992年5月5日
身長/体重:171㎝/48kg
血液型:AB型
出身地:千葉県市川市
【写真右】
山本 陽平(やまもと ようへい) ※ボケ担当
性別:男性
生年月日:1993年7月14日
身長/体重:175㎝/65kg
血液型:O型
出身地:埼玉県蕨市

※出典:https://grapecom.jp/talent_writer/francepiano/

フランスピアノの2人は日本大学文理学部落語研究会の先輩後輩として出会います。当初は別々のコンビを組んでいましたが、先輩・なかがわりょうさんが卒業する間際に「NOROSHI」というお笑いの大会があり、お試しでコンビを結成。この大会で準優勝したことをきっかけに、2016年に正式にコンビを組むことになります。

その後、お互いにしばらくサラリーマンを続けながらフリーとして活動し、2018年4月からグレープカンパニーの所属となりました。

コンビ名の「フランスピアノ」に特に意味はなく、響きのみで命名したそうです。

スポンサーリンク

フランスピアノ・なかがわりょうは「カズレーザーの弟子芸人」?

なかがわりょうさんは大学卒業後、アパートやマンションのオーナーさん向けにWi-Fiを売る営業マンに。働きながら芸人として活動していて、徐々にサラリーマン生活からお笑いの道へシフトしていきます。

この投稿をInstagramで見る

 

なかがわりょうさん(@nakagawaonweb)がシェアした投稿

現在は芸人一本で勝負しているなかがわさんですが、実はお笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザーさんと“師弟関係”を結んでいます。

きっかけは2017年末放送『金曜☆ロンドンハーツ(テレビ朝日系)』の「知らない人が急に弟子入りを志願してきたらどんな反応をするか」というドッキリ企画。なかがわさんは仕掛け人としてカズレーザーさんに弟子入りを志願しますが、カズレーザーさんはあっさりと快諾します。

一レーザー

なかがわさんはカズレーザーさんのことを元々尊敬していたため、企画終了後も弟子でいることを懇願。現在までカズレーザーさんとの師弟関係が継続しているそうです。

フランスピアノ・山本陽平は元NHKフロアディレクター?

山本陽平さんは大学在学中からプロの芸人になりたいという気持ちがありましたが、就職してからでもお笑いはできると考え、テレビ制作会社に就職します。NHK・BSの報道番組に携わり、フロアディレクター(他局でいうところのAD)としてタイムキーパーをしたり、カンペでキャスターに指示を出したりしていたそうです。

しかし、面白い企画を考えることが一切できない仕事であったため、山本さんの“お笑い欲”が高まり、入社から約9カ月後に退職。少し前に営業マンを辞めていたなかがわさんと、フランスピアノとしての活動を本格化させます。

この投稿をInstagramで見る

 

なかがわりょうさん(@nakagawaonweb)がシェアした投稿

サッカーゲーム『Dream League Soccer 2018』で世界ランキング1位になったり、自身が描いたイラストがフランスピアノのグッズになったりと、最近は芸人活動以外でも注目されている山本さん。会社勤めを経験したからこそ、思いっきりやりたいことをやっているのかもしれません。

スポンサーリンク

フランスピアノの芸風は? 意外性たっぷりの漫才とコント

フランスピアノは漫才、コントの両方ができて、割合は半々程度。先が読めないストーリー設定やクセが強すぎないワードセンス、不自然なようで自然な演技などが見所です。

すごい田舎の小さな村(漫才)

ちょっと混んでるファミレス(漫才)

浮気(コント)

サッカー中継(コント)

所属事務所の公式YouTubeチャンネル『grapecompany』では、フランスピアノのネタを楽しむことができます。

まとめ

「売れてない人がやっていることをやらない」というカズレーザーさんの教えから、脱サラしてからはアルバイトをせずに、空いている時間にネタを考え続けているというフランスピアノの2人。いい意味で飄々としている感じや驚きが多いネタ設定は師匠仕込みだと思うので、今後の活躍がますます楽しみです。

スポンサーリンク