2015年にコンビを解散した後、約4年間の空白期間を経て再結成を果たした女性お笑いコンビ・123☆45(イズミヨーコ)。ブランクをバネにして這い上がっていく2人のストーリーが劇的で、脚光を浴びています。

123☆45のプロフィール

123☆45

123☆45(イズミヨーコ)
所属事務所:フリー
【写真左】
イズミ ※ボケ担当
性別:女性
生年月日:1982年8月28日
身長/体重:150cm/55kg
血液型:O型
出身地:岩手県九戸郡野田村
【写真右】
ヨーコ ※ツッコミ担当
性別:女性
生年月日:1979年11月8日
身長/体重:161cm/52kg
血液型:AB型
出身地:東京都世田谷区

123☆45の2人は和光大学出身。ともにダンスサークルに所属していたことで知り合い、後輩のイズミさんが先輩のヨーコさんを誘って、2008年6月にコンビを結成。同年の『M-1グランプリ』の予選で初舞台を踏みます。

デビュー後しばらくは山中企画という事務所に所属しますが、2010年5月からフリーに。2013年4月よりグレープカンパニー所属となり、翌年には『第13回漫才新人大賞』で決勝進出を果たしました。
しかし、2015年6月30日にコンビを解散。イズミさんは故郷の岩手へ戻ることになります。

再結成のきっかけとなったのは、2018年12月の『女芸人No.1決定戦 THE W』。イズミさんが岩手、ヨーコさんが東京で決勝戦の模様をテレビで観ていて、お互いがLINEのやりとりをした結果、あの舞台に自分たちも立ちたいという思いが一致。そして、2019年4月に約4年ぶりに再結成し、THE W のファイナリストになるという夢も実現させました。

スポンサーリンク

123☆45 イズミは“みちのく里山ガール”? 松嶋菜々子モノマネが激似?

イズミさんは18歳のときに、岩手のテレビ局でADの仕事を経験。大学卒業後、展示会のコンパニオンやMCなどを務め、その後はモデル事務所に2年間在籍していました。

2015年6月に123☆45を解散してからは、ピン芸人として活動を再開。「いずみっくす」という芸名で舞台に立ちますが、2016年3月からは活動拠点を岩手に移し、ローカルタレントとして活躍。さらに、北三陸エリアタウン誌のコラム連載などの執筆活動や、里山管理の手伝いの仕事などにも携わっています。

そんなイズミさんの持ちネタの一つが、女優・松嶋菜々子さんのモノマネ。『マツコ&有吉 かりそめ天国(テレビ朝日系)』にご当地レポーターとして出演した際にも披露し、話題になりました。

123☆45として活動する際には、岩手から東京へ駆けつけているイズミさん。THE Wの決勝進出者会見でも「岩手県野田村で里山管理のお手伝いをしています」と自己紹介して、愛する故郷をPRしています。

スポンサーリンク

123☆45 ヨーコはバイク女子?「ニセAKB」の“ニセ珠理奈”として活動?

ヨーコさんは大学卒業後、服部栄養専門学校の栄養士科に入学。2年間学び、国家資格である栄養士免許を取得しています。

123☆45を解散した後、ヨーコさんは国会議事堂のガイドなど、4つのアルバイトを掛け持ちして、生計を立てていました。
そんなヨーコさんの息抜きになっていたのが「バイク」。かつて所有していたバイクを“元カレ”と言うほどバイクを愛していて、時間さえあれば仲間とツーリングに出掛けているようです。

また、相方のイズミさん同様、モノマネができるヨーコさん。特に松井珠理奈さん(SKE48)が似ていると評判で、松井さん本人からも公認済み。AKB48メンバーのモノマネをする女性芸人で構成された「チームG」にも、“ニセ珠理奈”として参加しています。

その他にも、ヨーコさんは読者モデルをしたことがあったり、ダンスの振付の仕事をしたりと、多岐にわたって活動。きっとこれらの経験を、自分たちのネタにも還元しているのではないでしょうか。

123☆45の芸風は? 聞き心地よく中毒性ありの訛り漫才

123☆45は主に漫才を披露することが多く、代名詞は「訛りネタ」。岩手県野田村のマスコットキャラクター「のんちゃん」がプリントされたTシャツを着るイズミさんが、「このほんずなすが~」など地元の方言や自虐ネタを交えたボケを連発。そこにヨーコさんが冷静なツッコミを入れて、笑いを誘います。

123☆45漫才

まとめ

一度、解散を経験したことで、123☆45はお互いの絆が深まり、ネタのクオリティもアップしています。現在は事務所に所属しておらず、THE W が終わった後の活動は未定なのだそうですが、2人とも個性が強く、お笑いが好きなことが伝わってくるので、コンビかつ芸人として舞台に立ち続けてほしいです。

スポンサーリンク