一度アクセルを踏んだら最後、ノンストップでオチまでボケ続ける漫才が評判を呼び、ライブシーンを賑わせる「ランジャタイ」。今、最も先が読めない笑いを生みだしている、異端児コンビです。

ランジャタイのプロフィール

ランジャタイ

ランジャタイ
所属事務所:グレープカンパニー
【写真左】
伊藤 幸司(いとう こうじ) ※ツッコミ担当
性別:男性
生年月日:1985年11月18日
身長/体重:165㎝/58kg
血液型:A型
出身地:鳥取県岩美郡
【写真右】
国崎 和也(くにさき かずや) ※ボケ担当
性別:男性
生年月日:1987年9月3日
身長/体重:169㎝/60kg
血液型:A型
出身地:富山県氷見市

※出典:https://grapecom.jp/talent_writer/ranjyatai/

ランジャタイの2人は東京NSC12期生。在学中に出会いますが、ある事件がきっかけとなり、伊藤幸司さんが入学わずか2ヶ月で退学。国崎和也さんも伊藤さんの後を追い、自主退学します。
2007年にコンビを結成してからは、SMA NEET Project⇒フリー⇒オフィス北野を経て再度フリーに。2019年9月より、グレープカンパニーに所属することになりました。

コンビ名の「ランジャタイ」は、「蘭奢待(らんじゃたい)」と呼ばれる伝説の香木から。「蘭奢待を持つ者=天下人」とされていることから、“笑いの天下を獲る”という意味を込めて命名したようです。

スポンサーリンク

ランジャタイ・伊藤幸司の髪型の秘密は? NSC退学の理由は?

もっさりヘアが特徴的な伊藤幸司さん。「ヘルメット」「かまくら」「ロックマン」などと例えられることがありますが、本人は『新世紀エヴァンゲリオン』の綾波レイを意識していて、中学生時代から同じヘアスタイルをキープしているそうです。

この投稿をInstagramで見る

 

ランジャタイ 伊藤幸司(@ranjyatai11)がシェアした投稿

前述のとおり、伊藤さんはNSCを退学していますが、そこには深い理由が……。
売れるのは一握りなのにNSCはみんな仲がよかった。入学当初からその様子に違和感を感じていた伊藤さん。ある日突然、授業中に教室の前に立って、「おまえら、ここは仲よしクラブじゃねえんだぞ!」と叫びます。その場は騒然となり、伊藤さんはスタッフに取り押さえられ、クビだと告げられます。

伊藤さんは当時の自分を「トガりすぎていた」と語っていますが、誰よりもお笑いのことを真剣に考えていたからこそブレーキが効かなくなったのかもしれません。

現在も芸風はトガったままですが、周りとのつながりは大切にしていて、芸人仲間や後輩芸人からリスペクトされる存在になっています。

ランジャタイ・国崎和也は相方大好き芸人? コンビ結成エピソードが泣ける?

高校卒業後、アルバイトで貯めた40万円を持って家出同然で上京、NSCに入学した国崎和也さん。軍隊のような厳しさに嫌気が差し、唯一優しかったラッキー池田さんのダンスの講義のみを受け続けました。

この投稿をInstagramで見る

 

ランジャタイ 伊藤幸司(@ranjyatai11)がシェアした投稿

そんな国崎さんに「お前、面白いんかぁ?」と絡んできたのが伊藤さん。同じ問いを他の同期生にしたときは、みんなダンマリ。唯一、国崎さんだけが「面白いよぉ」と答えて、一気に距離が縮まります。

伊藤さんがNSCからクビ免除の条件として街のゴミ拾いを命じられたときには、率先して手伝った国崎さん。しかし、クビの免除は認められず、伊藤さんはゴミに囲まれながら泣き崩れます。その姿を見た国東さんは「こいつ面白いな」と惚れ込み、一緒にコンビを組むことを決意しました。

NSC退学により授業料40万円がパーになった国東さんですが、「2人が出会えましたから十分に値打ちはあった」と自負しています。ランジャタイの2人は、強い絆で結ばれているようです。

この投稿をInstagramで見る

 

ランジャタイ 伊藤幸司(@ranjyatai11)がシェアした投稿

スポンサーリンク

ランジャタイの芸風は? 解読不能で何でもありのミラクル漫才

ハチャメチャなボケなのに、無理なく受け入れられる。あまりにも非論理的で破綻した展開なのに、思わず笑わってしまう。それがランジャタイが創り出す漫才の魅力です。

ラジオ

小林幸子オーディション

やよい軒のチキン南蛮定食

公式YouTubeチャンネル『ランジャタイぽんぽこちゃんねる』では、ランジャタイのネタを楽しむことができます。

まとめ

漫画のような出会いから幾多の浮き沈みを経て、ランジャタイは自分たちの漫才スタイルを確立しつつあります。「芸人が選ぶ天才芸人」に選ばれるなど、ファンだけでなく芸人仲間からも猛プッシュされている今こそ、「天下獲り」の足がかりを作る絶好のタイミングかもしれません。

スポンサーリンク