『有田ジェネレーション(TBS系)』で「地獄のアングラ芸人」「いま売れかけてる芸人」として紹介されたことで、一躍注目を集める存在となったピン芸人・ムラムラタムラ。謎のフレーズをひたすら連発するネタで、お笑い界を震撼させています。

ムラムラタムラのプロフィール

ムラムラタムラ

ムラムラタムラ
本名:田村 祐人(たむら ゆうと)
性別:男性
生年月日:1992年6月21日
身長:166cm
出身地:島根県鹿足郡
所属事務所:フリー

※出典:https://thetv.jp/news/detail/224134/

ムラムラタムラさんは大阪NSC34期生(2011年4月入学)。同期にはさや香エンペラー蛙亭トニーフランクさんなどがいました。

NSC在学中、タムラさんは地元の同級生とコンビ「ゆーびび」を結成。しかし、コンビでやっていくことに限界を感じるようになった、相方が健康上の問題でお笑いを続けられなくなった、など様々な理由が重なり約2年半で解散します。

その後、吉本所属のピン芸人としてデビュー。2016年11月には活動拠点を大阪から東京へ移し、2018年2月よりフリーに。そして、2020年1月放送の『有田ジェネレーション』に出演した後、バイきんぐ・小峠英二さんとの絡みや傍若無人なネタが反響を呼び、「有ジェネファミリー」の一員となりました。

芸名の「ムラムラタムラ」は、ピン芸人となった際に、覚えやすくてしょうもない名前にしたいと思って命名。“タムラ”は残したいけど“タムラ”という名前の芸人は少なくなかったため、もう「ムラムラタムラでいいや!」となったそうです。

スポンサーリンク

ムラムラタムラの芸風は?「もっこりからのりーもこちゃん」がクセになる?

ムラムラタムラさんは赤い新体操用レオタードを着用して、股間を強調するポージングをとりながら「もっこりからのりーもこちゃん」というギャグを連発。まったくもって意味不明ですが、全身を使ったダイナミックな動きと場内に響き渡る声、独特の空気感ででジワジワと笑いを誘います。

いろんなりーもこちゃんとりーもこちゃんランド

101回目のプロポーズとトトロ

公式YouTubeチャンネル『ムラムラタムラのおもしろフラッシュ倉庫』では、ムラムラタムラさんのネタを楽しむことができます。

ムラムラタムラはトリオでM-1に出場? レオタード衣装のおかげでブレイク?

子どもの頃からお笑いが大好きだったムラムラタムラさん。同じくお笑い好きの母親とお笑い番組を観ていたときに、突然「興味があるならNSCに行きなさい」と言われたことがきっかけで、芸人を志すようになります。

この投稿をInstagramで見る

 

ムラムラタムラ(@muramocochan)がシェアした投稿

母親の言葉通り、タムラさんは高校卒業後に大阪NSCへ。コンビでの活動を経てピン芸人となりますが、2016年には即席トリオ「ムラムラタムラちびシャトルfeat.川嶋」を結成。『M-1グランプリ』にも2018年まで3年連続で出場しています。

そんなタムラさんが、これまで芸人として特にこだわってきたのが「衣装」。 最初は「白黒のタンクトップとホットパンツ」、次に「adidasのヨガインストラクターコスチューム」、2019年頃からは自らヤフオクで見つけた「新体操用レオタード」に。衣装の色にあわせて、髪の色も黒髪から金髪になりました。

この投稿をInstagramで見る

 

ムラムラタムラ(@muramocochan)がシェアした投稿

3回目の衣装チェンジが功を奏し、現在のキャラクターを完成させたタムラさん。後に「この衣装のおかげで今の自分がある」と語っています。

この投稿をInstagramで見る

 

ムラムラタムラ(@muramocochan)がシェアした投稿

スポンサーリンク

ムラムラタムラは声優モノマネが得意? 森久保祥太郎から公認をもらった?

ハイテンションな芸風とは裏腹に、普段は内向的な性格のムラムラタムラさん。実はアニメや漫画、映画、ゲーム、フィギュアなどをこよなく愛する「多趣味オタク芸人」です。

この投稿をInstagramで見る

 

ムラムラタムラ(@muramocochan)がシェアした投稿

現在、タムラさんは自らの趣味を活かして、アニメやゲームのイベントMCとして活躍中。人気アニメキャラクターのコスプレや声優さんの声モノマネにも挑戦しています。

この投稿をInstagramで見る

 

今日は音石明くんでお仕事じゃよ 首元がしんどかったんじゃよ #音石明 #レッドホットチリペッパー #ジョジョ

ムラムラタムラ(@muramocochan)がシェアした投稿 –

ムラムラタムラの声優モノマネレパートリー
森久保祥太郎[茂野吾郎(メジャー)、巻島裕介(弱虫ペダル)]
子安武人[高杉晋助(銀魂)、ディオ・ブランドー/DIO(ジョジョの奇妙な冒険)]
福山潤[ルルーシュ(コードギアス 反逆のルルーシュ)、殺せんせー(暗殺教室)]
神谷浩史[阿良々木暦(化物語)、折原イザヤ(デュラララ!!)]
古谷徹[アムロ・レイ(機動戦士ガンダム)、ヤムチャ(ドラゴンボール)]
古川登志夫[諸星あたる(うる星やつら)、ポートガス・D・エース(ONE PIECE)]
若本規夫[セル(ドラゴンボール)、アナゴさん(サザエさん)] など

とりわけ『弱虫ペダル』のアニメ放送時にやり始めた森久保祥太郎さんのモノマネは、再現度が高いと原作ファンの間でも話題に。そのことが森久保さん本人の耳に入ることになり、最終的にはモノマネを公認してもらいました。

スポンサーリンク

まとめ

デビュー以来、多いときには月20本以上のライブに出演し、唯一無二の芸を磨き上げてきたムラムラタムラさん。有ジェネ効果でメディアへの露出が増え、ようやくその成果が実を結ぼうとしています。意味不明な芸風ながら笑ってしまう謎のパワーがあるので、今後もスーパーフリーな「りーもこちゃん」を貫いてほしいです。