『第40回ABCお笑いグランプリ』で決勝まで進出。全身全霊でやり切る漫才で笑いと感動を巻き起こしたお笑いコンビ・コウテイ。とろサーモンや笑い飯、ジャルジャルなど、お笑い界の実力者たちからも絶賛されている令和ブレイク候補です。

コウテイのプロフィール

コウテイ

コウテイ
所属事務所:吉本興業
【写真左】
下田 真生(しもた まさき) 
*ボケ担当
性別:男性
生年月日:1993年5月15日
身長:164cm
血液型:B型
出身地:鹿児島県出水市
【写真右】
九条 ジョー(くじょう ジョー) 
*ツッコミ、ネタ作り担当
本名:緒川 拓文(おがわたくや)
性別:男性
生年月日:1994年1月13日
身長:183cm
血液型:A型
出身地:滋賀県長浜市

※出典:https://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=6054

コウテイの2人は大阪NSC35期生(2012年4月入学)。同期にはゆりやんレトリィバァさん、ガンバレルーヤ、ラニーノーズからし蓮根田津原理音さんなどがいます。

お互いNSCでクラスが一緒になり、授業の班も一緒。しかも住んでいるマンションまで同じ。こんな運はなかなかないということになり、2013年にコンビを結成しました。

コンビ名の「コウテイ」は、「皇帝」の意味ではなく2人の身長差の「高低」が由来。しかし、「お笑い界の“皇帝”になる」や「2人で“校庭”で遊んでる感じ」といった意味も持たせているようです。

スポンサーリンク

コウテイ・下田真生は手先が器用芸人? ギャンブル好きで破天荒?

下田真生さんはNSCに入学する前に「ラパンジール」というコンビを組んでいて、『ワラチャン!U-20お笑い日本一決定戦(日本テレビ系)』で決勝まで進出したことがあります。

また、下田さんは工業高校出身ということもあり手先が器用。ダンボールとガムテープがあればコント用の小道具など、何でも作ることができるそうです。

そんな下田さんのもう一つの顔が「ギャンブラー」。これまで競馬やパチンコにかなりのお金を注ぎ込み、現在は借金も抱えています。

それでも「どうせ売れるんでね」と豪語している下田さん。この破天荒さ、嫌いじゃないです。

コウテイ・九条ジョーはイケメン?「ズィーヤ」のやり過ぎで手術?

おかっぱ頭と俳優・瀬戸康史さん似の甘いルックスが印象的な九条ジョーさん。「ズィーヤ」「見たスギ薬局、ポイント100万倍」などの持ちギャグを、ネタ中にぶち込んできます。

九条さんは「ズィーヤ」のやり過ぎで顎の歪みがひどくなり、2019年4月に手術を行いました。

ズィーヤ★ ※出典:https://twitter.com/ziiya555
ズィーヤ

ただ、完治してからも「ズィーヤ」をやり続けている九条さん。己のギャグで身を削るなんて、かっこよスギ薬局です。

スポンサーリンク

コウテイはお笑い界屈指の不仲コンビ? すでに2回も解散?

コウテイは自他とも認める不仲コンビで、現在まで2回の解散を経験。1回目は「マリオパーティ」で遊んでいたときに大喧嘩、2回目は「お笑いの方向性の違い」が解散の理由のようです。

2回目の再結成後も、事あるごとに「相方が嫌い」と発言している2人。ただ、下田さんは九条さんの“ネタの発想力”、九条さんは下田さんの“ボケの表現力”を評価し、「こいつとじゃないと組めない」とお互いのことを認め合っています。

“嫌よ嫌よも好きのうち”と言いますが、個人的にはなかなかのコンビ愛だと思います。

コウテイの芸風? 革新性と基礎のバランスが絶妙な疾風怒濤の漫才

自分たちの漫才を「超不完全究極肯定完全感覚奇天烈漫才」と評しているコウテイ。終始ハイテンションで“自分たちにしかできないこと”を追求しつつ、セリフ回しやテンポといった漫才の基礎的な部分はしっかりしています。また、マオカラースーツを脱いで演じるコントも超個性的です。

究極の寿司屋(漫才)

究極の居酒屋(漫才)

なんじゃこりゃ(コント)

スポンサーリンク

まとめ

もっとこうしたら面白くなりそうなのに……。時々、若手芸人のネタを観たときにそんな風に感じることがあるのですが、コウテイに関してはそれがまったくありません。今後も唯一無二の笑いを追求し、コウテイの2人が目標に掲げている『M-1グランプリ』『キングオブコント』の“2冠達成”を実現させてほしいです。