大阪の「よしもと漫才劇場」を拠点に活動し、『第40回ABCお笑いグランプリ』でファイナリストとなるなど賞レースでも頭角を現しているピン芸人・田津原理音。レトロ感とポップさを併せ持つ“チェックの申し子”です。

田津原理音のプロフィール

田津原理音

田津原 理音(たづはら りおん)
性別:男性
生年月日:1993年5月25日
身長/体重:175cm/82kg
血液型:B型
出身地:奈良県橿原市曽我町
所属事務所:吉本興業

※出典:https://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=6288

田津原理音さんは大阪NSC35期生(2012年入学)。同期にはゆりやんレトリィバァ、ガンバレルーヤ、ラニーノーズからし蓮根コウテイなどがいます。

NSC卒業後は「ブンナグラレルズ」というコンビで活動していましたが、2013年9月に解散したのを機にピン芸人としてデビュー。大阪の劇場を中心に単独ライブ開催やイベント出演をこなし、2019年には『第40回ABCお笑いグランプリ』で決勝進出を果たしました。

スポンサーリンク

田津原理音はオシャレ大好き芸人? キラキラネームの先駆け?

田津原理音さんは小学4年から高校3年までの約9年間、野球部に所属。高校3年の夏はベンチ入りメンバーから外れたこともあり、応援団長としてチームにエールを送っていました。

野球で鍛え上げられた肉体が印象的な田津原さん。芸人デビューしてからは、チェック柄のスーツをパリッと着こなし、舞台に立っています。

田津原さんは舞台衣装だけでなく私服もオシャレ。好きな言葉が「田津原さんってオシャレですよね」というくらい、オシャレが大好きです。

また、田津原さんがテレビ・ラジオ番組にゲスト出演する際、必ず話題にあがるのが「田津原理音」という珍しい名前。芸名ではなく本名のようで、「時間割みたいな名前で覚えてください」とPRしています。

ちなみに田津原さんには「萌奈美(もなみ)」という名前のお姉さんがおり、お姉さんのお子さんもキリュウくん、セイリュくん、オウセイくん…とキラキラネームだらけだそうです。

田津原理音は漫画家兼アニメーション作家? おもしろカメラマン?

中学2年頃まで漫画家を目指していたこともあり、ポップなイラストを描くことが得意な田津原理音さん。自身のTwitterに、プロ顔負けの4コマ漫画を投稿しています。

田津原さんの画力はグングン上達していき、アニメーションの制作にも挑戦。2020年3月より、YouTubeに「ほっとひといきアニメ」を随時アップ中です。

さらに、ここ数年は一眼レフカメラにハマっている田津原さん。お笑い芸人でありながら、クリエイターへの道を歩み始めています。

公式YouTubeチャンネル『田津原理音のリオンダー越しの私の世界』では、田津原さんのアニメ作品や一眼レフ講座などを楽しむことができます。

スポンサーリンク

田津原理音の芸風は? 誰もが共感できる「あるある」をポップに描く

田津原理音さんは主にフリップ芸を披露。自ら制作している大きなフリップをめくりながら、日常に起こりうる「あるある」に激しくツッコミを入れていきます。コミカルなイラストと少し変わった文字フォント、時折見せる「背中で語る」演出にも注目です。

ぜんぜんええねんで?

おらんやつ

まとめ

田津原理音さんは2019年に「ひとりじゃない」、2020年に「ほんまに、ひとりじゃない」という単独ライブを開催。そのタイトル通り、これまで芸人仲間やライブスタッフ、観客と一体となって笑いを作り上げてきました。フリップネタのイメージが強いですが、最近のライブでは一人コントも披露しているので、今後、新たな一面を見せてくれるかもしれません。

スポンサーリンク