芸人界初の本物のお坊さんと元バンドマンの異色の組み合わせで注目されているお笑いコンビ・ドドん。唯一無二の“お坊さんネタ”を取り入れた漫才や歌ネタには、一度見たら忘れられない中毒性があります。

ドドんのプロフィール

ドドん

ドドん
所属事務所:浅井企画
【写真左】
石田 芳道(いしだ ほうどう) ※ボケ担当
本名:石田 芳道(いしだ よしみち)
性別:男性
生年月日:1985年7月21日
身長/体重:163cm/65kg
血液型:A型
出身地:愛媛県松山市
【写真右】
安田 義孝(やすだ よしたか) ※ツッコミ担当
性別:男性
生年月日:1981年11月27日
身長/体重:176cm/64kg
血液型:O型
出身地:千葉県船橋市

※出典:http://asaikikaku.co.jp/talent/profile/dodon

ドドんの2人はマセキタレントゼミナール(マセキ芸能社の養成所)出身。当時、相方は「自分より背が高くて、シュッとしている人」がいいと思っていた石田芳道さんと、「ちゃんとプロを目指している人」を希望していた安田義孝さんの思惑が一致して、2009年4月にコンビを結成。約1年間フリーで活動した後、2010年から浅井企画所属となりました。

コンビ名の「ドドん」は、プロレスラー・田口隆祐選手(新日本プロレス所属)の必殺技「どどん」が由来で、プロレス好きの石田さんが名付けたようです。

スポンサーリンク

ドドん・石田芳道はお坊さんバンドで活躍? 石原さとみとドラマで共演?

石田芳道さんは芸人になることが小学生の頃からの夢でしたが、まずは地を固めようと高校卒業は松山大学(経済学部経済学科)に入学。在学中はお笑いサークルに所属し、ドドんを結成するまでピン芸人「いしだとうふ」として活動していました。

石田さんの実家は元禄時代に創建された曹洞宗の寺院。しかも長男であったため、大学卒業前は住職として実家を継ぐか迷っていたそうですが、芸人になる夢を諦めきれずに上京することになります。

ちなみに大学で仏教を学んでいた石田さんは、卒業後に修行を終えて、住職免許を取得。そのため葬儀や法要などで、お経を読むことができるそうです。

本物のお坊さんとなった石田さんは、2012年頃から東京・四谷にある「坊主バー」でも勤務。バーテンダーとしてお客さんにお酒を提供しながら、仏の教えを伝えたり、人生の悩み相談に答えたりしています。

さらに、石田さんは坊主バー内のお坊さん同士で結成された「坊主バンド」のメンバーとして、多くの音楽イベントに出演。並行して相方の安田さんらと「THE南無ズ」というバンドでも活動中で、「彼岸田盆(ひがだんぼん)」の名で愛嬌のある歌声とお喋り、エッジの効いたMCを披露しています。

それ以外にも2015年は石原さとみさん&山下智久さん主演のドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~(フジテレビ系)』にレギュラーエキストラとして出演、2020年には歯医者さんのホワイトニングのCMに抜擢されるなど、石田さんは芸人の枠を超えてマルチに活躍中です。

ドドん・安田義孝は葬儀屋勤務の凄腕ギタリスト? 愛犬レオに夢中?

安田義孝さんは高校卒業後、敬愛大学(経済学部経済学科)に進学。学業の傍ら、高校のときに組んだ「BLEND SAUCE(ブレンドソース)」というバンドでギタリストとして活動。全国各地でライブを行い、CDもリリースしたそうですが、2005年に解散します。

バンド解散後は就職することも考えた安田さんですが、お笑いもやってみたいと思っていたのでワタナベコメディスクールに入学。しかし、1人目の相方は宝くじで1000万円が当たって辞めて、2人目の相方は警察に捕まって辞めてしまうなど波乱万丈が続いたとのこと。その後、マセキタレントゼミナールで石田さんと出会い、ようやくプロのスタートラインに立ちました。

数年前から、安田さんはお坊さんである石田さんにあわせるかのように葬儀屋で勤務。“お坊さん×葬儀屋”という肩書のおかげで、葬儀業界からの営業の依頼が増えているようです。

また、前述のとおり安田さんも「THE南無ズ」のバンドメンバーとして活動中。「涅槃崎悟(ねはんざきさとる)」の名でギターと歌を担当し、作詞・作曲も手掛けています。

元バンドマンだけあって、音楽に対する情熱は人一倍強い安田さん。特にギターの腕前は芸人界随一で、プロ顔負けのライブパフォーマンスがカッコイイと評判です。

現在、そんな安田さんが音楽活動以外にハマっているのが「犬」。お姉さんが飼っているペキニーズ「レオ」にメロメロのようで、安田さんのSNSは“レオ愛”で溢れています。

スポンサーリンク

ドドんの芸風は? 煩悩まみれでエキセントリックなお坊さんネタ

ドドんは主に漫才を披露。お坊さんである石田さんのキャラクターを活かし、仏教用語を交えたギャグやマニアックな仏像ネタ、替え歌などで笑いを誘います。また、安田さんが奏でるギターのリズムにあわせて、石田さんが“お坊さんあるある”を語りかける歌ネタも得意です。

●カラオケ

●嵐

●BONNOU~煩悩~

公式YouTubeチャンネル『ドドんチャンネル』では、ドドんのネタを楽しむことができます。

まとめ

これまでライブ活動が中心だったドドんですが、ここ最近は『嵐にしやがれ(日本テレビ系)』『ヒルナンデス!(日本テレビ系)』などでネタを披露し、その芸風と面白さが認知されつつあります。常識にとらわれない自由なスタイルで、“仏教×笑い×音楽”がテーマの仏教エンターテイメントを普及させようとする彼らの今後に注目してみてください。

スポンサーリンク