DJプレイで使われるヒューマンビートボックスを取り入れたネタを披露する「新作のハーモニカ」。
『全力!脱力タイムズ(フジテレビ系)』や『おはスタ(テレビ東京系)』などにも出演し、注目を集めています。

新作のハーモニカのプロフィール

新作のハーモニカ

新作のハーモニカ(しんさくのハーモニカ)
所属事務所:ワタナベエンターテインメント
【写真左】
溝上 たんぼ(みぞかみ たんぼ) 
性別:男性
生年月日:1996年10月26日
身長:181㎝
出身地:佐賀県神埼郡吉野ヶ里町
【写真右】
藤田 隼人(ふじた はやと)
性別:男性
生年月日:1996年7月26日
身長:178㎝
出身地:愛知県名古屋市

※出典:https://www.watanabepro.co.jp/mypage/4000080/

2015年4月、ワタナベコメディスクールに入学した2人は、22期生として同じクラスで出会います。藤田隼人さんにとって溝上たんぼさんは入学当初からクラスの中でダントツで面白い存在で、度々コンビを組もうと声を掛けますが、50回くらい断られたそうです。

しかし、ある日の授業で藤田さんが、高校生のころからやっていたヒューマンビートボックスを披露したところ大ウケ。溝上さんから「おまえは金になる」と逆に誘われて、コンビを結成しました。

コンビ名の「新作のハーモニカ」は、藤田さんの特技であるヒューマンビートボックスが由来。ヒューマンビートボックスは「ハーモニカ」の音ができないこと、女性はよく「新作」という言葉をネットで検索すること。この2つの要素を組み合わせて、「新作のハーモニカ」となりました。

スポンサーリンク

新作のハーモニカ・溝上たんぼが坊主の理由は? 特技はラップ?

溝上たんぼさんは、中学3年生のときに同級生と「season」というお笑いコンビを結成。2014年に「笑顔甲子園」というお笑いコンテストで優勝するなど、地元の佐賀では有名な存に。しかし、その相方が大学進学するためコンビを解散し、溝上さんはワタナベコメディスクールに特待生として入学します。

坊主頭がトレードマークの溝上さん。坊主になったきっかけは、ワタナベコメディスクール在学中に開催された先輩21期生との対決ライブ。敗れてしまった溝上さんは、この悔しさを忘れずに気持ちを改めるために頭を丸めたとのこと。以来、現在まで坊主で通しています。

そんな溝上さんの特技は「フリースタイルラップ」で、藤田さんと一緒にミュージックビデオを制作。「普通にカッコいい」「ビートがクセになる」など、絶賛の声が相次ぎました。

新作のハーモニカ「ダジャレ」MV

新作のハーモニカ・藤田隼人はイケメン? ビートボックスの達人?

藤田隼人さんは爽やかなルックスとクールな雰囲気が相まって、女性ファンから大人気。俳優・高橋一生さんに似ていると言われることもあります。

ヘアスタイルもオシャレな藤田さんですが、金髪になったときには“黒髪派”と“金髪派”でファンの意見が真っ二つに分かれました。

また、前述のとおり藤田さんはヒューマンビートボックスが得意。ヒューマンビートボックスは人間の口だけでレコードのスクラッチ音やベース音、リズムマシンの音を再現する技法で、藤田さんは高校生のときしばらく友人ができなかった時期に一人で練習していたら、いつの間にか習得していたそうです。

【必見】超簡単!ビートボックス講座

スポンサーリンク

新作のハーモニカの芸風は? 弾けるリズムとビートがクセになる!

新作のハーモニカは、溝上さんのフリースタイルラップと藤田さんのビートボックスが融合した新感覚の漫才を披露。溝上さんのネタ振りに対して藤田さんが輝いていそうなシーンでイメージと違うしょぼい音を発するネタや、溝上さんがノリツッコミ的にラップをしてしまいその内容に対して藤田さんがツッコミ返すネタなどがあります。

告白

早口言葉

いろは歌

新作のハーモニカ公式チャンネル』では、新作のハーモニカのネタを楽しむことができます。

まとめ

『歌ネタ王決定戦』でも高く評価された、新作のハーモニカのビートボックス漫才。まだ若い2人ですが、「新しい漫才をしたい」という気持ちが伝わってくるので応援したくなります。『M-1グランプリ』での決勝進出はもちろん、CDデビューなど音楽方面での活躍にも期待したいです。

スポンサーリンク