双子ならではの阿吽の呼吸で、テンポの良い掛け合い漫才を披露するお笑いコンビ・ダイタク。これまでの『M-1グランプリ』では2度の準決勝進出経験があり、“双子漫才師”という肩書だけでなく、その実力にも注目が集まっています。

ダイタクのプロフィール

ダイタク

ダイタク
所属事務所:吉本興業
【写真左】
吉本 大(よしもと だい) ※兄、ボケ担当
性別:男性
生年月日:1984年12月28日
身長/体重:178cm/70kg
血液型:O型
出身地:熊本県熊本市
【写真右】
吉本 拓(よしもと たく) ※弟、ツッコミ担当
性別:男性
生年月日:1984年12月28日
身長/体重:178cm/70kg
血液型:O型
出身地:熊本県熊本市

※出典:https://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=3182

ダイタクの2人は実の兄弟(3人兄弟の次男三男)であり、一卵性双生児。兄の吉本大さんは高校卒業後、地元の熊本学園大学へ進学。一方、弟の吉本拓さんは高校卒業後、山口県の精肉店に就職しますが、大さんが大学卒業したタイミングで退職し、熊本に帰省します。

その後、今後のことを2人で話したときに、お笑い芸人になるという結論に至り、2008年、24歳のときに一緒に上京。東京NSC14期生として入学し、卒業後に「ダイタク」として本格的に活動を開始しました。

スポンサーリンク

ダイタク 吉本大(兄)と吉本拓(弟)の見分け方は?

「パッと見では見分けがつかない」「どっちがどっち?」と言われるくらい、ソックリなダイタク兄弟。身長・体重・靴のサイズもずっと同じでしたが、ここ最近は体重に差が出てきているようです。

ダイタクの見分け方
【顔】受け口なのが大さん(兄)、左目の下に泣きぼくろがあるのが拓さん(弟)
【ネクタイ】黒色か赤色が多いのが大さん(兄)、灰色か青色が多いのが拓さん(弟)
【性格】優しくておとなしいのが大さん(兄)、外交的でおちゃらけているのが拓さん(弟)
【前から自転車が来たとき】左に避けるのが大さん(兄)、避けないのが拓さん(弟)

ダイタク兄弟は中学時代、一緒にバスケットボール部に入部するとすぐにレギュラーに抜擢され、試合では瓜二つの顔立ちで相手チームを翻弄したとのこと。しかし、普段の生活では双子であることをイジられることが多く、それが嫌だったため、お互いに違う高校に進学したと明かしています。

双子であるがゆえに特有の悩みやスレ違いの時期があった2人ですが、お笑いという共通の目標を見つけてコンビを組んでからは、それも解消。今では“双子漫才師”として、双子を笑いに変えられることに感謝しているそうです。

スポンサーリンク

ダイタクの芸風は? 双子あるある&シンクロ芸が絶品!

主に漫才を披露しているダイタク。つかみの自己紹介から双子ボケを入れて、“双子あるある”や“兄弟エピソード”を絡ませながら、しゃべくりが進行してきます。また、単独ライブではコントをやることがあり、声や動きをシンクロさせるネタが多いのが特徴です。

ケンカの練習(漫才)

恋愛テクニック(漫才)

パラレルワールド(コント)

公式YouTubeチャンネル『ダイタクTV』では、ダイタクのネタを楽しむことができます。

まとめ

これまでダイタクは、世間の双子のイメージを変えるべく、双子にしかできないネタに取り組んできました。ここ数年は、賞レースでも頭角を現してきているので、あと少し、プラスαの何かが加われば、彼らによって“双子漫才師”というジャンルが確立されるのではないでしょうか。

スポンサーリンク