小学校からの幼馴染みであり、息の合った漫才で劇場を沸かせているお笑いコンビ・マカロン。レギュラー出演中の『ウケメン(フジテレビ系)』では、2人のストレートな言動とブッ飛んだキャラクターが人気を博しています。

マカロンのプロフィール

マカロン

マカロン
所属事務所:SMA HEET Project
【写真左】
前嶋 大翔(まえじま やまと) ※ボケ担当
性別:男性
生年月日:1990年6月3日
身長/体重:175cm/57kg
血液型:O型
出身地:埼玉県川越市
【写真右】
舟久保 匠(ふなくぼ たくみ) ※ツッコミ担当
性別:男性
生年月日:1990年4月11日
身長/体重:160cm/50kg
血液型:O型
出身地:埼玉県川越市

※出典:https://heet-project.com/profile/makaron/

マカロンの2人は小・中学校の同級生。高校2年生のとき、お祭りの帰り道で前嶋大翔さんが「M-1獲って1000万取らない?」と舟久保匠さんを誘い、コンビを結成します。
特に養成所には通わず、2011年頃からアマチュアコンビとして地下ライブなどに出演。お互いが大学を卒業後、面接合格を経て、2014年よりSMA HEET Project所属となりました。

コンビ名の「マカロン」は、何人かの知り合いに「思いついたお笑いのコンビ名を送って」と頼んだ際に、返信があったうちの一つ。同級生の女の子が考えた案を、そのまま採用したそうです。

スポンサーリンク

マカロン・前嶋大翔が髪を伸ばす理由は?「前嶋ローランド」が話題?

芸人デビューして以来、前嶋大翔さんは胸まで届くロングヘアがトレードマーク。さらさらヘアを維持するために、毎日しっかりトリートメントをしています。

この投稿をInstagramで見る

 

榎本淳(@rousoku_jun)がシェアした投稿

「なぜずっと髪を伸ばしているのか?」と質問されることが多いという前嶋さん。髪が短いほうが男らしいし、サッパリして好印象だし、実は似合うかもしれないし。と思うこともあるみたいですが、ショートヘアだと髪をケアする楽しみが軽減するし、見映えも新しくないし。と葛藤しているうちに自然と髪が伸びていき、今に至っているそうです。

現在、前嶋さんはレギュラー出演する『ウケメン』で様々な企画に挑戦中。特に現代ホスト界の帝王・ROLANDさんに扮したコント「新人AD 前嶋ローランド」は、前嶋さんの微妙なソックリ具合とドジっぷりがハマり、毎回爆笑を巻き起こしています。

前嶋ローランド

※出典:https://www.fujitv-view.jp/article/post-9316/

この役を演じるにあたり自慢の黒髪を金髪にした前嶋さんですが、普段、ROLANDさんに似ていると言われることは皆無。それどころか、フリップ芸で人気のピン芸人・ZAZYさんに間違えられることが増えたとのことです。

マカロン・舟久保匠の「架空の女性」と交際? お母さん大好き芸人?

舟久保匠さんは普段からメガネをかけており、舞台衣装はスーツ、小柄で声は小さめ。相方の前嶋さんと比べても一見マジメそうに見えますが、実は意外とヤバい人です。

舟久保さんは『ウケメン』の「申告漏れ」という企画で、“丸の内の化粧品会社で働く1個年下の伊藤さおりさん”という「架空の女性」と付き合っていたことをカミングアウトしています。

舟久保匠

さらに、舟久保さんは「架空女性」と付き合っていた日々を日記に記録。理解不能な舟久保さんの妄想が、共演者やスタッフ、そして視聴者をドン引きさせました。

舟久保匠

舟久保匠

いろんな意味で存在感を発揮している舟久保さんですが、平日週5日はアルバイト中。水道メーターの検針と夜のお姫様の送迎の仕事を掛け持ちしており、「売れてアルバイトを一つ辞める」ことを当面の目標にしています。

そんな舟久保さんのことを心から応援しているのが、舟久保さんのお母さん。『ウケメン』では舟久保親子の仲睦まじい様子が紹介され、感動を呼びました。

スポンサーリンク

マカロンの芸風は? 哲学的な入り方と女性キャラに注目!

マカロンは主にコント漫才を披露。まず前嶋さんがマイクの前に立ち、数秒後に舟久保さんがゆっくりした口調で哲学的な問いを投げかけながら悠然と登場しますが、その問いに対する答えがそのままネタの主題となります。恋愛ネタが多く、長い髪を活かして女性を演じる前嶋さんの仕草が妙にリアルです。

屋上

女上司

肝試し

公式YouTubeチャンネル『マカロンのUFO』では、マカロンのネタを楽しむことができます。

まとめ

お互いの実家同士が徒歩2分の距離にあり、子どもの頃からの関係がずっと続いているマカロンの2人。「外見がヤバい前嶋さん」+「内面がヤバい舟久保さん」=「ヤバいコンビ」と言えるかもしれませんが、そのヤバさと仲の良さが世間に認知されていけば、彼らの漫才にもさらに奥行きが出てくるのではないでしょうか。

スポンサーリンク