誰もが経験したことのあるような日常の一コマを、笑いに変える技術に定評があるお笑いコンビ・サメゾンビ。まだメディアへの露出は少ないですが、劇場では息つく暇もないほど笑いの波を起こしています。

サメゾンビのプロフィール

サメゾンビ

サメゾンビ
所属事務所:マセキ芸能社
【写真左】
滝田 和貴(たきた かずき)
性別:男性
生年月日:1991年6月11日
身長/体重:173cm/60kg
血液型:O型
出身地:東京都調布市
【写真右】
たくろー
本名:鳥澤 拓朗(とりさわ たくろう)
性別:男性
生年月日:1991年2月11日
身長/体重:177cm/63kg
血液型:B型
出身地:神奈川県川崎市

※出典:https://www.maseki.co.jp/talent/samezombie

サメゾンビの2人は創価大学出身で、お笑いサークル「創価大学落語研究会」の先輩(39期:たくろーさん)と後輩(40期:滝田和貴さん)の関係。ピンや別コンビなどで活動した後、2013年にコンビを結成。オーディションを経て、2014年1月よりマセキ芸能社所属となりました。

コンビ名の「サメゾンビ」は、2人の落語研究会時代の先輩にあたる南部幸一さん(元お笑いコンビ・ダイキリ、現在は構成作家として活動)が名付け親。「芸能界は水に関する単語が縁起が良い」という説から「サメ」をチョイスし、これに南部さんが好きだったヒップホップユニット「SHAKKAZOMBIE」の“ZOMBIE(ゾンビ)”を組み合わせたそうです。

スポンサーリンク

サメゾンビ・滝田和貴はイケメンでカレー芸人? 彼女や結婚は?

大学のお笑いサークルに在籍していた頃から、滝田和貴さんは「パオ~ん村長」という芸名でピン芸人として活動。同世代のGパンパンダフランスピアノサツマカワRPGらとしのぎを削ってきました。

この投稿をInstagramで見る

 

たきたかずき(サメゾンビ)(@takitakazuki2110)がシェアした投稿

サメゾンビ結成後は芸名を本名に戻した滝田さんですが、2016年7月に「ギャグセン高男」に改名。しかし、2017年3月11日に開催された所属事務所の企画ライブ『負けたら即改名!サメゾンビ・ギャグセン高男 炎の7番勝負』で負けてしまったため、再び「サメゾンビ・滝田和貴」に戻しています。

また、自他とも認めるイケメンで、女性ファンからも人気がある滝田さん。3歳から16歳までピアノを習っていたことに加え、料理も得意で、最近はカレー作りにハマっているとのこと。モテ要素満載ですが、彼女がいるかは不明です。

この投稿をInstagramで見る

 

イケメン#映えゾンビ

たきたかずき(サメゾンビ)(@takitakazuki2110)がシェアした投稿 –

滝田さんは他にも麻雀、漫画(自称「漫画ソムリエ」でその人の気分に合った漫画を見つけ出すことができる)、サッカー観戦など、多彩な趣味を持っています。

サメゾンビ・たくろーは女装姿がカワイイ? ダイエットが得意?

サメゾンビ結成以前、たくろーさんはお笑いコンビ「ホッチリ」、ピン芸人「鳥澤たくろー」「鳥澤拓朗」「とりさわたくろう」として活動していました。

たくろー
※出典:http://unpeoples65.rssing.com/chan-58365435/all_p13.html

たくろーさんはサメゾンビのコントで女性を演じることがありますが、その姿が「カワイイ」「キレイ」と評判になっています。

この投稿をInstagramで見る

 

たくろー(サメゾンビ)(@takurotori)がシェアした投稿

相方の滝田さん同様、たくろーさんは爽やかな甘いマスクを持ち合わせていますが、体重の増減が激しいため、ダイエットが得意のようです。同じ事務所のお笑いコンビ・ガクヅケの木田さんとは、ダイエット勝負を繰り広げています。

そんなたくろーさんの趣味の一つがサッカー観戦。Jリーグ「横浜FC」の熱烈なサポーターで、サメゾンビとしてホームスタジアムのMCアシスタントを務めたことがあります。

スポンサーリンク

サメゾンビの芸風は? バリエーション豊富でセンス抜群!

サメゾンビは主にコントを披露。他人の思考や行動を深く観察し、コミカルに昇華させたネタが持ち味で、2人の演技合戦も見所です。ボケ・ツッコミの担当はネタによって変わり、固定されていません。

介抱してて面接遅刻?

訪問販売

劇の配役決め

所属事務所の公式YouTubeチャンネル『MASEKIGEINOSHA』では、サメゾンビのネタを楽しむことができます。

まとめ

大学時代から切磋琢磨しながらお笑いに打ち込んできたサメゾンビの2人のコントは、ただ笑えるだけでなく、どこか青春の名残を感じます。見た目も清潔感があり、華があるので、「いつの間にか売れていた」なんてこともありえなくはないと思います。現在は自作のネットラジオ(サメゾンビの「シン・オジラ」)も配信しているので、興味がある方は是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク