ユーモアと狂気に満ちたネタで、観る人をハラハラドキドキさせるお笑いコンビ・マヂカルラブリー。『M-1グランプリ』と『キングオブコント』の両大会でファイナリストになった、超実力派芸人です。

マヂカルラブリーのプロフィール

マヂカルラブリー

マヂカルラブリー
所属事務所:吉本興業
【写真左】
野田クリスタル(のだくりすたる) ※ボケ、ネタ作り担当
本名:野田 光(のだ ひかる)
性別:男性
生年月日:1986年11月28日
身長/体重:179cm /77kg
血液型:A型
出身地:神奈川県横浜市
【写真右】
村上(むらかみ) ※ツッコミ担当
本名:鈴木 崇裕(すずき たかひろ)
性別:男性
生年月日:1984年10月15日
身長/体重:181cm /100kg
血液型:O型
出身地:愛知県新城市

※出典:https://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=2772

野田クリスタルさんは15歳のときに、「セールスコント」というコンビで『学校へ行こう!(TBS系)』の“お笑いインターハイ”という企画に出演し優勝するなど、若くして活躍。18歳のときには、別のコンビで『M-1グランプリ』3回戦進出を果たしますが、その後はコンビの結成や解散を繰り返します。
一方の村上さんは法政大学出身で、在学中に「お笑いサークルHOS」に所属。コンビやトリオを組んで活動し、大学お笑いサークルの全国大会では2年連続で優勝しました。

そんな2人が出会ったのは2007年2月。当時、ピン芸人として活動していた野田さんが出演していたライブを、たまたま観に来ていた村上さん。野田さんのネタに感動した村上さんが、ライブ終了後に声を掛けたことがきっかけとなり、コンビを結成します。

結成後しばらくはフリーで活動していましたが、事務所ライブなどで毎回のように好成績を残したことが評価され、現事務所に所属することになりました。

コンビ名の「マヂカルラブリー」は2人が思いついた言葉をつなげただけで、特に意味はないそうです。

スポンサーリンク

マヂカルラブリー・野田クリスタルは筋肉イケメン? ゲームプログラマー?

本名の「光」をさらに輝かせて、「クリスタル」という芸名になった野田クリスタルさん。世界的バレエダンサー・熊川哲也さん似の甘いマスクで人気があります。

この投稿をInstagramで見る

 

大野勢太郎の楽園ラジオ~パワー全開!!(@raku_795)がシェアした投稿

元々は痩せ形の体型でしたが、バスケでダンクがしたいという理由で、2012年頃から肉体改造に着手。
筋トレを続けて、漫画『グラップラー刃牙』の主人公・範馬刃牙のようなムキムキになりました。

範馬刃牙

また、野田さんは自他とも認めるゲーム好きで、プログラミングも特技にしています。自らの名を冠した「野田ゲー」というブランドを打ち出し、自作ゲームを配信するなど、かなり本格的です。

2019年9月に放送されたゲームバラエティ番組『勇者ああああ(テレビ東京系)』では、野田さんおすすめの自作ゲーム5本を紹介。そのうちの1本「すごい事になりそうだ!組体操合戦」が好評を博し、番組終了後、ゲームの権利を買うことを希望するメーカーが現れたようです。

マヂカルラブリー・村上とタカトシの関係は? 高円寺LOVE芸人?

マヂカルラブリー・村上さんの本名は「鈴木崇裕(すずきたかひろ)」です。先輩芸人・タカアンドトシのタカさんの本名が「鈴木崇大」で、一字違いかつ読みが同じであったため、混同するのを避ける目的で現在の芸名となりました。

この投稿をInstagramで見る

 

大野勢太郎の楽園ラジオ~パワー全開!!(@raku_795)がシェアした投稿

「村上」にしたのは、当時よくテレビに出ていた、しずる・村上純さんやフルーツポンチ・村上健志さんにあやかったため。漫画『東京大学物語』の主人公の名前が由来とも言われているそうです。

また、現在は東京・高円寺のシェアハウスで暮らしている村上さん。芸人仲間と高円寺のお店を飲み歩いたり、高円寺特集のロケに呼ばれたりしています。

この投稿をInstagramで見る

 

マヂカルラブリー村上(@mlmurakami)がシェアした投稿

高円寺は「歩けば芸人」と言われるほど数多くの芸人さんが住む街なので、村上さんも夜な夜なお酒を酌み交わしながら、お笑い談議に花を咲かせているのでしょうか。

スポンサーリンク

マヂカルラブリーの芸風は? 狂気と笑いに満ちたマヂラブスタイル

漫才もコントもできるマヂカルラブリーですが、普段披露しているのはほぼ漫才です。狂気じみた動きで、一人コントに没頭する野田さんを、村上さんが説明するようにツッコむ。この形が“マヂラブスタイル”として定着しています。

フレンチ

寿司屋の職人

算数が苦手

まとめ

『M-1グランプリ2017』ではファイナリストの中で最下位に終わったマヂカルラブリー。審査委員の上沼恵美子さんから「一生懸命やってるのは分かるけど好みじゃない」と酷評されました。しかし、2人はこれを“愛のムチ”と受け止め、「上沼恵美子に酷評されたコンビ」として笑いの糧にしています。上沼さんはM-1審査員引退を示唆していますが、きっと彼らは上沼さんの前で再び漫才をやることを望んでいるはずです。

スポンサーリンク