「よしもと漫才劇場」「なんばグランド花月」「よしもと祇園花月」などを拠点に活動し、関西のテレビやラジオで引っ張りだこのお笑いコンビ・ネイビーズアフロ。コンビ揃って難関国立大学の出身という、知性を兼ね備えた高学歴芸人です。

ネイビーズアフロのプロフィール

ネイビーズアフロ

ネイビーズアフロ
所属事務所:吉本興業
【写真左】
皆川(みながわ) ※ボケ担当
本名:皆川 勇気(みながわ ゆうき)
性別:男性
生年月日:1992年09月22日
身長/体重:183cm /62kg
血液型:A型
出身地:京都府京都市
【写真右】
はじり(はじり) ※ツッコミ担当
本名:羽尻 紘規(はじり ひろき)
性別:男性
生年月日:1984年10月15日
身長/体重:169cm /59kg
血液型:O型
出身地:京都府京都市

※出典:https://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=5928

ネイビーズアフロの2人は高校~大学の同級生。最初は同じグループにいなかったようですが、「テレビのお笑い番組を見ているか?」という会話がきっかけで、徐々に距離が近くなります。

高校卒業後は、2人とも関西トップレベルの国立大学といわれる神戸大学に合格。勉学に打ち込む傍ら、漫才師になる夢を諦めきれなかった皆川さんは、はじりさんを誘い、2011年11月にコンビを結成します。
その後、一般オーディションを勝ち上がり、よしもと所属(大阪NSC33期生扱い)になりました。

コンビ名の「ネイビーアフロ」は、2人が好きなトータルテンボス・藤田憲右さんが付けたもの。皆川さんが着ていたTシャツに「NAVY」と書かれていたことから、まず藤田さんが「ネイビーズ」と提案。そこに藤田さんの当時のヘアースタイルである「アフロ」を足して、「ネイビーズアフロ」となったそうです。

スポンサーリンク

ネイビーアフロ・皆川は高学歴&スポーツ万能イケメン? 出囃子の秘密は?

180cmを超える高身長で、あっさり系の塩顔イケメン。おまけに神戸大学卒で高学歴の皆川さんは、特に女性ファンから人気があります。

この投稿をInstagramで見る

 

ネイビーズアフロ 皆川勇気(@yuuki_minagawa)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

 

モンスーン 小山英機(@monkoya13)がシェアした投稿

相方・はじりさん曰く、皆川さんは校内にファンクラブが発足されたり、校門で後輩に待ち伏せされたり、と学生時代からモテモテだったそう。加えて、スポーツも万能でサッカー部に所属。ゴールキーパーとして活躍しました。

この投稿をInstagramで見る

 

ネイビーズアフロ 皆川勇気(@yuuki_minagawa)がシェアした投稿

芸人になってからはフルマラソンにもチャレンジ。「3時間44分」という記録を持っています。

また、皆川さんは全曲歌詞を見ずに歌えるほど、コブクロとMr.Childrenが大好き。そのため、ネイビーズアフロの出囃子にも、コブクロが歌う「Pink Prisoner(原曲はユニコーン)」を使用。イントロが流れた瞬間に劇場が盛り上がるほど、ファンの間ではこの出囃子が定着しています。

ネイビーズアフロ・はじりは暗記力が凄い? 女優・吉岡里帆の初恋相手?

相方の皆川さん同様、神戸大学出身のインテリ芸人として知られる、はじりさん。ルックスも皆川さんに負けず劣らずで、爽やかな男前です。

この投稿をInstagramで見る

 

ネイビーズアフロはじり(@hajirihiroki)がシェアした投稿

はじりさんは大学在学中から芸人として活動していたこともあり、なかなか卒業ができず、7年間通って中退します。しかし、難関大受験や試験勉強のおかげで、独自の暗記法を習得。ネイビーズアフロの単独ライブでは、「クジ引きによって選ばれた検定を受ける」という企画に挑戦し、下記検定に合格しました。

あいさつ検定5級/コロッケ検定/声優検定5級/ホームパーティー検定3級/ハワイスペシャリスト検定/ビール検定/日本化粧品検定3級/似顔絵検定6級/七転び八起き検定/ジグソーパズル達人検定/漢字検定六級/カレーパン検定/からあげ検定

さらに、はじりさんは女優の吉岡里帆さんが同じ幼稚園の幼なじみで、初恋の相手だったことで話題になりました。小学3年生のバレンタインデーのときには、吉岡さんからチョコレートを渡されて「ずっと好きでした」と告白されたそうです。

そのバレンタインデーに会って以来、2人はまったく連絡をとっていないとのこと。はじりさんは吉岡さんに対して未練タラタラで、人生最大のチャンスを逃したと嘆いています。

スポンサーリンク

ネイビーズアフロの芸風は? 笑えて学べる高学歴しゃべくり漫才

結成当初から正統派しゃべくり漫才を得意としていたネイビーズアフロ。ここ数年は“しゃべり方が古風な女性”や“頭がいい小学生”など、皆川さんが“賢くて濃いキャラ”を演じてボケることが増えています。

天使と悪魔

ドラマで好きなワンシーン

コンパ

ネイビーズアフロのいとをかしチャンネル』では、ネイビーズアフロの魅力がつまった動画を楽しむことができます。

まとめ

賞レースでは常に上位進出を果たしながら、未だに優勝経験がないネイビーズアフロ。漫才でのしゃべりの技術や間の取り方、ネタのクオリティなどは、すでに高いレベルに達しているので、あとは運とタイミングの問題のような気がします。まだまだ若い2人ですが、『M-1グランプリ』でも決勝の舞台に立って、全国区になってほしいです。

スポンサーリンク