『女芸人No.1決定戦 THE W 2019』では決勝進出、『M-1グランプリ2019』でも準々決勝進出と快進撃が続く女性コンビ・にぼしいわし。お笑い王国の大阪から生まれた、可能性無限大の漫才クイーンズです。

にぼしいわしのプロフィール

にぼしいわし

にぼしいわし
所属事務所:スパンキープロダクション
【写真左】
にぼし 
*ボケ担当
性別:女性
生年月日:1992年6月13日
身長:151cm
血液型:O型
出身地:大阪府
【写真右】
いわし 
*ツッコミ担当
性別:女性
生年月日:1992年7月2日
身長:156cm
血液型:A型
出身地:大阪府

※出典:http://spunky-pro.com/

にぼしいわしの2人は高校の同級生。入学してすぐの身体測定時、にぼしさんは1人教室で焦りながらカバン中の何かを物色。いわしさんが心配して「探そうか?」と声をかけたところ、にぼしさんは「何を探しているかわからない」と返答。この出来事がきっかけで友達になったそうです。

高校卒業後は、一緒に大阪NSCに35期生として入学。翌年に卒業しますが、すぐに活動を休止。その後、正社員として働きながらインディーズのライブなどに出演するなど細々と活動を続け、『M-1グランプリ2017』では3回戦まで進出します。2018年からはスパンキープロダクションに所属することになり、芸人活動を本格化させました。

スポンサーリンク

にぼしいわし・にぼしは猫にメロメロ? 画力がイラストレーター級?

にぼしさんは、にぼしいわしのボケ担当であり、自称パフォーマー担当。2019年3月まで正社員として働き、翌月からはお笑い芸人としての活動の傍ら、派遣のアルバイトをしています。

この投稿をInstagramで見る

 

にぼしいわし(@niboshiiwashi21)がシェアした投稿

にぼしさんの趣味は猫と一緒に遊ぶこと。これでもかというくらい猫を飼っていて、猫語を習得。死に目を見せない猫たちが、こぞって自宅にやって来るそうです(本人談)。

加えて、手先が器用なにぼしさんは、絵画や版画、服作りなども得意。Instagramに「にぼしの絵」をアップしています。

この投稿をInstagramで見る

 

にぼしいわし(@niboshiiwashi21)がシェアした投稿

グッズやフライヤーのイラストも描いているにぼしさん。独特なタッチが評判になっているようです。

この投稿をInstagramで見る

 

にぼしいわし(@niboshiiwashi21)がシェアした投稿

スポンサーリンク

にぼしいわし・いわしは衣装が定まらない? エレカシ大好き芸人?

にぼしいわしのツッコミ担当であり、しっかり者担当のいわしさん。2019年3月で大阪の埋立地を広げる仕事を辞めて、翌月から大阪湾のフィヨルドを削るデスクワークの派遣バイトをしています。

この投稿をInstagramで見る

 

にぼしいわし(@niboshiiwashi21)がシェアした投稿

いわしさんは基本的に衣装が定まらず、これまで「首レロレロのチャンピオンのTシャツ」⇒「富裕層のジジイから譲り受けたパジャマ」⇒「宗教団体の教祖の隣の隣の人」と変遷。今後は未定です。

また、いわしさんはロックバンド・エレファントカシマシの大ファン。大学2年の冬に、エレカシが音楽番組で演奏している姿を観て以来トリコになり、ファンクラブにも入会。自分の甘えが出たときに、説教を受けるようにエレカシを聴いて、自分の頭を叩いているそうです。

にぼしいわしの芸風は? 懐かしさと新しさが同居した漫才

にぼしいわしは女性コンビとしては珍しく、本格派漫才を得意としています。にぼしさんの特徴的な声と奇妙奇天烈なボケ、いわしさんの飄々としたツッコミが特徴的で、一度ハマると抜け出せません。女性の漫才なのに、いい意味で女性っぽさを感じさせないところも見所です。

蕎麦屋

月に帰る前にやりたいこと

スパンキーチャンネルSpunky-CH』では、にぼしいわしのネタを楽しむことができます。

スポンサーリンク

まとめ

THE W決勝進出者会見で「事務所の大きさが4畳しかない」と打ち明けた、にぼしいわしの2人。現事務所に入る前には、他の所属芸人が知らない人ばかりで不安だったそうですが、現在は自分たちを拾ってくれたことに感謝しています。普段、地下のライブ劇場で月60ステージという驚異的な場数を踏んでいる彼女たちが、大舞台でどのような漫才を披露するのか楽しみです。