女優・沢口靖子さんのモノマネやドラマ仕立てのコントが話題となり、バラエティ番組に引っ張りだこの女性ピン芸人「メルヘン須長」。明るいキャラクターと中毒性を兼ね備えた“メルヘンランドの不思議少女”です。

メルヘン須長のプロフィール

メルヘン須長

メルヘン須長(メルヘンすなが)
本名:須長 恵利(すなが えり)
性別:女性
生年月日:1986年1月7日
身長:149cm
血液型:AB型
出身地:埼玉県
所属事務所:ホリプロコム

※出典:http://com.horipro.co.jp/talent/meruhen-sunaga/

メルヘン須長さんは元々は声優志望で、高校卒業後に3年ほど声優養成所に在籍。しかし、与えられた台本や役をものにすることの難しさを痛感し、別の道を模索することに。2007年4月には芝居を学ぶために、ワタナベコメディスクールの女性タレントコースに1期生として入学しますが、在学中に自分でネタを書いて舞台にも立つことができる芸人の仕事に魅力を感じて、お笑いの世界に飛び込むことになります。

2008年6月頃から、ピン芸人「メルヘン須長」として活動を開始。デビュー後しばらくはフリーでしたが、2010年頃にホリプロ主催ライブにレギュラー出演した後、ホリプロコム所属となりました。

『R-1ぐらんぷり』には2009年より毎年出場し、2011年と2018年に準決勝進出。2020年には出場12回目にして、初の決勝進出を果たしています。

スポンサーリンク

メルヘン須長の芸風は? 再現度が高い『科捜研の女』『ちびまる子ちゃん』

メルヘン須長さんの代名詞といえば女優・沢口靖子さんのモノマネ。『科捜研の女(テレビ朝日系)』『リッツ』『ルヴァン』など、沢口さんが出演しているドラマやCMのワンシーンをパロディ化したコントや自作のイラストを用いたフリップ芸で笑いを誘います。

また、『ちびまる子ちゃん』『サザエさん』『ドラえもん』『アンパンマン』『クレヨンしんちゃん』など、人気アニメキャラクターの声マネも得意です。

科捜研の女の現場検証

科捜研の女のSNS事件簿

夜のちびまる子ちゃん劇場

ホリプロコムお笑いチャンネル』『まねチューブ』では、メルヘン須長さんのネタを楽しむことができます。

メルヘン須長は沢口靖子と声紋分析が一致? 内藤剛志とはM-1に出場?

2008年にピン芸人としてデビュー以来、しばらくは鳴かず飛ばずだったメルヘン須長さん。前述の『科捜研の女』のネタをやり始めた2015年頃から、徐々に名前が知られるようになります。

メルヘンさんは2019年4月に行われた『科捜研の女』の制作発表記者会見にゲストとして登場し、憧れの沢口靖子さんと初対面。沢口さんから「声の高いところが似てますね」という“お墨付き”をもらうと、メルヘンさんが「声紋分析が一致したわ(沢口さん演じる榊マリコの名セリフ)」と返して、会場は笑いに包まれました。

さらにメルヘンさんは、同ドラマで内藤剛志さん演じる土門刑事風の相方(うすくら屋・リョースケさん)と「どもマリ」というコンビを結成。2018年の『M-1グランプリ』に出場し、“科捜研風漫才”を披露しましたが、相方はあまり似ておらず2回戦敗退。メルヘンさんのクオリティの高さが目立ってしまったそうです。

スポンサーリンク

メルヘン須長はカワイイ?『学級王ヤマザキ』が笑いの教科書?

『科捜研の女』風のメイクと白衣姿が定着しているメルヘン須長さんですが、お笑いファンの間では「小柄(149cm)でカワイイ」「ナチュラルな笑顔が素敵」と評判になっています。

前述のとおり芸人になる前は声優を目指していたメルヘンさん。きっかけは小学生の頃、弟が買っていた「コロコロコミック」に掲載されていた樫本学ヴ先生の『学級王ヤマザキ』というギャグ漫画。下品でくだらない笑いにハマり、気づけばコミックを購入していたそうです。

その直後に『学級王ヤマザキ』がアニメ化され、くまいもとこさんが演じる主人公・ヤマザキのコミカルで力強い声に感動したメルヘンさんは、子どもながらに声優という仕事に憧れるようになります。

結局、声優にはならず芸人になったメルヘンさんですが、自身のネタや笑いの手本になっているのは『学級王ヤマザキ』のギャグ漫画の世界であるとのこと。くまいさんに対する憧れの気持ちも変わっておらず、共演を熱望しています。

まとめ

長い下積み生活を経て出場12回目で初めて“R-1ファイナリスト”となるなど、「継続は力なり」を体現しているメルヘン須長さん。抜群の演技力や鍛えられた“声”を武器に、かつて夢見た声優または女優としても活躍できるポテンシャルも秘めていると思います。放送開始から20年以上経つ『科捜研の女』のように、長く愛される存在になってほしいです。

スポンサーリンク