『ドラゴンボール』の主人公、孫悟空の声優として有名な野沢雅子さんのモノマネで話題沸騰中のお笑いコンビ・アイデンティティ。作品を知らない人も楽しめるネタで、幅広い層に受け入れられています。

アイデンティティのプロフィール

アイデンティティ

アイデンティティ
所属事務所:太田プロダクション
【写真左】
田島 直弥(たじま なおや) ※ボケ担当
性別:男性
生年月日:1984年5月11日
身長/体重:174㎝/59kg
血液型:O型
出身地:神奈川県
【写真右】
見浦 彰彦(みうら あきひこ) ※ツッコミ担当
性別:男性
生年月日:1984年9月20日
身長/体重:163cm/54kg
血液型:O型
出身地:広島県

※出典:https://www.ohtapro.co.jp/talent/identity.html

アイデンティティの2人は高校卒業後、専門学校東京アナウンス学院の芸能バラエティ科に入学。在学中はお互いに別々のコンビを組んでいました。

その後、田島さんのお笑いセンスに惚れ込んだ見浦さんが、田島さんにコンビ結成を持ちかけます。最初のラブコールは、田島さんが当時のコンビで活動中だったこともあり破談。しかし、田島さんのコンビが解散したタイミングで、見浦さんが再度アタック。熱意が通じて、2004年1月にコンビを結成しました。

スポンサーリンク

アイデンティティの芸風は? 「野沢雅子モノマネ」と「コント漫才」の合体

結成当初から、コントと漫才をミックスした「コント漫才」を披露していたアイデンティティ。自分たちのスタイルが確立できず悩んでいた時期に誕生したのが、野沢雅子さんのモノマネです。

この投稿をInstagramで見る

 

酒井健太さん(@kenta_sakai)がシェアした投稿

きっかけは見浦さんが荻窪の居酒屋で野沢雅子さん本人を見かけたこと。そのことを田島さんに話したところ、元々『ドラゴンボール』好きだった田島さんが孫悟空のモノマネを試してみることに。周りからの反応が予想以上によかったため、田島さんは野沢さんが出演するアニメや映像を研究し続けて、モノマネを習得。2016年以降、自分たちのネタに取り入れ、アイデンティティの代名詞となりました。

神龍に願い事(漫才)

ゲームセンター(コント)

アイデンティティはYouTuber? ドラゴンボール芸人とのコラボも話題

アイデンティティは、2016年末にYouTubeチャンネルを設立し、そちらでも数多くの『ドラゴンボール』芸を披露。チャンネル登録者数は35万人を超えるなど、反響を呼んでいます。

悟空の声真似でLINEスタンプのボイスを再現する

トランクスと悟天の声真似を合わせてゴテンクスを作る

野沢&ベジータ VS 永沢&藤木

公式YouTubeチャンネル『アイデンティティ田島・見浦』には、アイデンティティのおもしろ動画がアップされています。

スポンサーリンク

アイデンティティ・田島直弥はイケメンで絵が得意? 結婚は?

ここ最近は常に「野沢雅子モード」の田島直弥さんですが、メイクをとると優しそうな雰囲気のイケメンになります。

また、モノマネだけでなく絵を描くことが得意な田島さん。
『ドラゴンボール』に登場するキャラクターの絵の上手さは、原作ファンからも称賛されています。

モテ要素満載の田島さんですが、2018年12月に20代の一般女性と入籍しました。

人生の伴侶を得たことで、田島さんの戦闘力はさらに上がっているかもしれません。

アイデンティティ・見浦彰彦は空手有段者? 美人女優と結婚?

高校時代は空手部に所属していた見浦彰彦さん。空手部がインターハイ常連の強豪チームとは知らずに入部してしまい、抜け出すことができなかったそうです。結局、3年間補欠だった見浦さんですが、空手初段の資格をとりました。

普段は「おしりかじり虫みたいな顔して」と言われることがある見浦さんですが、2017年5月に同じ東京アナウンス学院出身の女優・串田えみさんと結婚しています。

見浦さんは結婚前、串田さんのお父さんになかなか会ってもらえず、結婚の許しがもらえませんでした。しかし、アイデンティティが「野沢雅子ネタ」でテレビに出始めるとすぐに許しが出て、結婚することができたそうです。

2018年には第一子となる女の子が生まれた見浦さん。田島さん同様、公私ともに順風満帆ですね。

まとめ

「野沢雅子特需」のおかげで、現在各メディアに引っ張りだこのアイデンティティ。『ドラゴンボール』人気も衰えるどころか盛り上がっているので、この状態はしばらく続くかもしれません。ただ2人は、さらなる飛躍のために新たな芸を模索していると思います。アイデンティティがどのように変化していくのか、ますます楽しみです。

スポンサーリンク