関東だしと関西だしを混ぜ合わせたようなアクが強い漫才を武器に、ライブシーンを賑わせているお笑いコンビ・ひつじねいり。所属事務所の先輩であるナイツ・塙宣之さんからも、その実力と才能を高く評価されています。

ひつじねいりのプロフィール

ひつじねいり

ひつじねいり
所属事務所:マセキ芸能社
【写真左】
細田 祥平(ほそだ しょうへい)
*ボケ、ネタ作り担当
性別:男性
生年月日:1991年11月30日
身長/体重:178cm/63kg
血液型:A型
出身地:埼玉県さいたま市見沼区
【写真右】
松村 祥維(まつむら よしつな)
*ツッコミ担当
性別:男性
生年月日:1988年7月2日
身長/体重:171cm/80kg
血液型:O型
出身地:大阪府東大阪市

※出典:https://www.maseki.co.jp/talent/hitsujineiri

ひつじねいり結成以前、細田祥平さんは2015年にお笑いコンビ「バーニーズ」を結成しますが、2018年11月に解散。一方、松村祥維さんは2017年5月より「いい塩梅」というコンビで活動していました。

そんな2人がコンビを組むきっかけとなったのは、松村さんが前コンビ解散前に細田さんの家に遊びに行った際、木場事変さん(現・大仰天、細田さんのルームシェア仲間)を「木場はん」と連呼したこと。これを聞いて細田さんは「西の商人感が出ていて面白い」と思い、松村さんを誘って2019年2月にコンビを結成。オーディションライブを経て、同年5月からマセキ芸能社所属となります。

コンビ名の「ひつじねいり」は、2人とも名前に「祥」という漢字が入っており、その中に「ネ(しめすへん・ねへん)」と「羊(ひつじ)」が入っていることが由来になっているそうです。

スポンサーリンク

ひつじねいり・細田祥平は慶大卒のインテリ芸人? 細田“官房長官”だった?

細田祥平さんは全国有数の名門・埼玉県立浦和高校(最新偏差値は74)出身。同校卒業後、慶応義塾大学経済学部に進学し、在学中は「お笑い道場O-keis」に所属していました。

この投稿をInstagramで見る

 

Syunsuke Watanabe(@watanabesyunsuke)がシェアした投稿

大学時代、細田さんは高校からの同級生である高木貫太さん(現・ストレッチーズ)とコンビ「安全ナイフ」を結成。2011年に『大学生M-1グランプリ』で優勝、2012年には『第2回漫才を愛する学生芸人No.1決定戦』で優勝するなど、輝かしい成績を残しています。

安全ナイフ

※出典:http://warazemi.wondernotes.jp/graduate/anzen.php

就活を始める大学3年生の夏頃、細田さんは「暑い日にスーツを着るのが嫌いだから」という理由もあり、プロの芸人になることを決意。しかし、高木さんが当時はプロ志向でなかったため、安全ナイフを解散。細田さんは「ロメロ」というコンビ(相方は明治大学お笑いサークル木曜会出身の根布谷大さん)を結成して、大学卒業後にマセキ芸能社所属でプロデビューを果たしました。

ロメロ

※出典:https://ameblo.jp/warazemiblog/entry-11505718520.html

その後、ロメロは2015年9月に解散し、細田さんは共通の知人を介して知り合ったまぐろさん(現・モシモシ)と「バーニーズ」を組むことに。ハイテンションな漫才で注目されていましたが、まぐろさんの「えちえち事変」が原因で2018年11月に解散します。

バーニーズ

※出典:https://twitter.com/bns__info

また、バーニーズ時代の2018年1月より「細田官房長官」に改名していた細田さん。バーニーズ解散~ひつじねいり結成を機に、官房長官から本名に戻しました。

ひつじねいり・松村祥維は“いい塩梅”のコテコテ関西人? 麻雀大好き芸人?

松村祥維さんは大阪府立高津高校を卒業後、立命館大学経済学部に進学。同大学を中退した後、2013年12月に「ウェンディ」というコンビを結成し、フリーとして活動していました。

この投稿をInstagramで見る

 

ひつじねいり 松村(@omatsu_y)がシェアした投稿

ウェンディは2016年4月に解散し、松村さんは翌年5月に久保田星希さん(現・あはは)と「いい塩梅」を結成(SMA HEET Project所属)。ブサイクキャラの松村さんが流行り顔イケメンの久保田さんを羨むネタで注目を集め、『M-1グランプリ』でも2017年、2018年と2年連続で準々決勝まで進出しています。

この投稿をInstagramで見る

 

ひつじねいり 松村(@omatsu_y)がシェアした投稿

いい塩梅は今後のさらなる活躍が期待されていましたが、2019年2月に「(不仲のため)いい塩梅でなくなってしまった」という理由で解散。同じく前コンビを解散していた細田さんからのラブコールに応えることになります。

ひつじねいり結成以前から関西弁全開のしゃべりを得意としてきた松村さん。舞台を降りても親しみやすくてノリがよく、阪神タイガースとたこ焼きをこよなく愛する、生粋の関西人です。

さらに、松村さんはお酒と麻雀が大好き。時間さえあれば行きつけの雀荘を訪れ、芸人仲間らと卓を囲みながら、その腕を磨いています。

スポンサーリンク

ひつじねいりの芸風は? 関西イジり加速中の新感覚しゃべくり漫才

ひつじねいりは主に漫才を披露。飄々とボケを繰り出す細田さんに対して、松村さんがコテコテの関西弁でツッコミを入れるスタイルが持ち味です。ただ、ここ最近は関西人丸出しの松村さんを関東人丸出しの細田さんがイジるタイプのネタが増えており、交互にボケることもあります。

エマワトソン

インド旅行反対

https://www.youtube.com/watch?v=eg9igZ7D3t0

所属事務所の公式YouTubeチャンネル『MASEKIGEINOSHA』では、ひつじねいりのネタを楽しむことができます。

まとめ

ひつじねいりの2人はお互いに芸歴が浅いにもかかわらず、すでに数回のコンビ結成~解散を経験してきました。そのせいか彼らの漫才には深みがあり、他の若手芸人にはない風格が漂っています。何より「もう後がない」「今度こそ極める」という覚悟を持って勝負しているコンビなので、今後も目が離せません。

スポンサーリンク