芸歴わずか2週間で『ネタパレ(フジテレビ系)』に出演し、完成度が高い電車アナウンスネタで話題になった女性ピン芸人・そのこ。『女芸人No.1決定戦 THE W』でも決勝進出を果たしている、ちょっぴり遅咲きのニューカマーです。

そのこのプロフィール

そのこ

そのこ
本名:河野 園子(かわの そのこ)
性別:女性
生年月日:1981年4月23日
出身地:北海道
所属事務所:吉本興業

※出典:https://twitter.com/sonocotetuota

そのこさんは2018年4月、東京NSCに24期生として入学。NSC時代には、在学生による卒業ライブ「NSC大ライブTOKYO 2019」で24期生120組の中から上位3組に残り、決勝ラウンドへ進出。惜しくも優勝は逃しますが、数少ない女性ピン芸人としてインパクトを残しました。

その後、そのこさんは2019年3月にNSCを卒業。よしもと所属の芸人として本格的にデビューします。

スポンサーリンク

そのこは元陸上自衛官? お笑い芸人になったきっかけは?

そのこさんがNSCに入学したのは36歳のとき。それまでは約16年間、陸上自衛隊で自衛官として勤務。災害などが起きたときの、衣食住に関する支援活動等に携わってきました。

河野園子

もし自衛官を続けて幹部になれば、年収2,000万円越えも夢ではなかったようですが、そのこさんはお笑いの道へ。きっかけは、歌手のアンジェラ・アキさんのモノマネを披露したときに、周りが爆笑して、その快感が忘れられなかったこと。加えて、昔からATOS(列車接近メロディ)が大好きな鉄道ファンで、芸人になって電車モノマネをやりたいという夢を叶えるため、泣く泣く自衛官を辞めたそうです。

河野園子

芸人になった現在、そのこさんは自衛隊の活動を積極的に周知。THE Wの決勝進出者会見でも、「自衛隊代表としてしっかり頑張りたい」と語っています。

スポンサーリンク

そのこの芸風は? 鉄オタ絶賛の電車アナウンスモノマネ

そのこさんは電車や新幹線のアナウンスを、声色とエレクトーンを駆使してモノマネすることで笑いを誘います。「もしもサザエさんのタラちゃんが山手線に乗ったら」など、ネタによっては“もしもシリーズ”を挟むことも。英語アナウンスの発音も流暢で、電車に詳しくなくても楽しめるのがポイントです。

電車アナウンスモノマネ

まとめ

デビューして間もないにもかかわらず、現在、そのこさんは鉄道ファンが集まるイベントやオフ会などに引っ張りだこです。この状態が続けば、電車好きの子どもたちからも支持されるのではないでしょうか。また、そのこさんの目標の一つでもある中川家との「音鉄芸コラボ」も、ぜひ実現させてほしいです。

スポンサーリンク