ブレイク芸人の登竜門的番組『ぐるナイ!おもしろ荘(日本テレビ系)』に出演した際に、有吉弘行さんから「最先端のネタ!」と称賛されたピン芸人・村民代表南川。岩手県ののどかな村からやって来た、ハイテンションが売りのコント師です。

村民代表南川のプロフィール

村民代表南川

村民代表南川(そんみんだいひょうみなみかわ)
本名:皆川 泰亮(みなかわ たいすけ)
性別:男性
生年月日:1994年3月28日
身長/体重:178cm/66kg
血液型:A型
出身地:岩手県滝沢村(現・滝沢市)
所属事務所:サンミュージックプロダクション

※出典:https://www.sunmusic.org/profile/sonmindaihyo_minamikawa.html

村民代表南川さんは岩手大学在学中、演劇サークル「劇団かっぱ」に所属しながら、落語研究会を創設。2012年には「国民的大学生芸人グランプリ~大学芸会~」の個人戦で第3位に入賞します。
大学卒業後は、広告営業マンとなり北海道札幌市へ。しかし、芸人になる夢を捨てきれず、2017年に退職。同年、上京後にサンミュージック所属となり、ピン芸人として活動を開始しました。

芸名の「村民代表南川」は高校からのあだ名で、実家が旧滝沢村にあることが由来。ローカルな雰囲気を出せるため気に入っているそうで、2014年1月の市制施行で滝沢市になってからも使い続けています。

スポンサーリンク

村民代表南川の芸風は? 破壊力抜群の「インリン・オブ・ジョイトイ」

1人コントを得意にしている村民代表南川さん。素朴な見た目からは想像できないハイテンションで暴れ回るネタや、歌ネタやリズムネタなど、レパートリー豊富。とりわけ、『おもしろ荘』でも披露した「インリン・オブ・ジョイトイ」は強烈で、村民さんの代名詞的ネタになっています。

インリン・オブ・ジョイトイ

道徳

獣ゆく料理道

公式YouTubeチャンネル『村民代表南川』では、村民代表南川さんのネタを楽しむことができます。

村民代表南川は松坂桃李似のイケメン? 芸人なのに劇団に所属中?

村民代表南川さんは178㎝の高身長で、見た目も爽やか。笑った顔や口元が俳優・松坂桃李さんに似ていると言われていて、モノマネ番組にも出演したことがあります。

この投稿をInstagramで見る

 

村民代表南川(@son_d_min)がシェアした投稿

また、演劇をやっていた村民さんは、現在「劇団ボンボヤージュ!」にも所属中。この劇団の主宰は、大学時代に同じ演劇サークルで活動していた村民さんの先輩。2017年に上京した際、村民さんはお笑いの事務所が決まるまでのつもりで籍を置いていました。しかし、現事務所に所属が決まった後も退団せず、今も舞台づくりに携わっているようです。

スポンサーリンク

村民代表南川は岩手のヒーロー?「ファンキー段ボール潰し」とは?

村民代表南川さんは芸人になる前に、スーツアクター(ヒーロー、ロボット、怪獣などのスーツや着ぐるみの中に入って演技を行う俳優)としても活動。岩手県のご当地ヒーロー「鉄神ガンライザー」として、悪と戦っていたそうです。

この投稿をInstagramで見る

 

鉄神ガンライザー(@ganriser_official)がシェアした投稿

現在、スーツアクター時代に習得したアクロバットな動きをコントにも取り入れている村民さん。手と足を使わずにダンボールを潰す「ファンキー段ボール潰し」なる技を発明し、『7.2 新しい別の窓(AbemaTV)』で草彅剛さんと対決しました。

これからどんなユニークな技を編み出し、披露してくれるのか。村民さんの“動き”から目が離せません。

まとめ

ハイテンションな芸風とは裏腹に、故郷をこよなく愛する一面を持つ村民代表南川さん。岩手を盛り上げて、笑いの文化を根付かせるために、あえて“村民代表”を名乗っています。故郷に錦を飾る第一歩として、まずは単独ライブの開催を実現してほしいです。

スポンサーリンク