現実からかけ離れた題材をネタにした漫談が話題となり、独演会も毎回盛況のお笑い芸人・街裏ぴんく。通常の漫談とは一線を画す、「架空漫談」という新しい笑いのジャンルを確立することに挑んでいる、次世代の「鬼才」です。

街裏ぴんくのプロフィール

街裏ぴんく

街裏ぴんく(まちうらぴんく)
本名:島谷 洋平(しまたに ようへい)
性別:男性
生年月日:1985年2月6日
身長/体重:178cm/110kg
血液型:B型
出身地:大阪府堺市
所属事務所:トゥインクル・コーポレーション

※出典:http://www.twinkle-co.co.jp/talent/machiurapink.html

2004年、神戸学院大学在学中に友人の誘いで、お笑いコンビ「裏ブラウン」を結成した街裏ぴんくさん。しかし、コンビは結成4年で解散となり、ピン芸人として活動を開始します。

2008年から松竹芸能に所属しますが、翌年に退社。2012年に上京後は、事務所に巡り合えず、面接やオーディションを受けては落ちを繰り返します。それでも、大阪時代の芸人仲間や作家が知り合いを紹介してくれたり、ライブに呼んでくれたりしているうちに露出が増えた街裏さん。ついにスカウトされて、2014年よりトゥインクル・コーポレーション所属の芸人になりました。

スポンサーリンク

街裏ぴんくの芸風は? 虚と実が交錯する「架空漫談」

フィクションをもとに創り出した「架空漫談」で、ネタの初めから終わりまでボケ通す街裏ぴんくさん。自己紹介以外すべて嘘のはずなのに、まるで真実のように語る話術で、観る人をファンタジーな世界に引き込みます。

図工

ヒップホップジョナサン

公式YouTubeチャンネル『街裏チャンネル』では、街裏ぴんくさんのネタを楽しむことができます。

街裏ぴんくを鈴木おさむ、爆笑問題が大絶賛?

街裏ぴんくは「第2のタモリ・第2の鶴瓶」である。そう評したのがバラエティ番組を中心に数々のヒット作を送り出す、放送作家の鈴木おさむさんです。

鈴木おさむ

鈴木さんがMCを務める『冗談手帖(BSフジ)』には、毎回次世代の若手芸人が出演。ネタを披露した後、鈴木さんからアドバイスがもらえる新感覚のお笑い番組でした。
その番組に街裏さんが出演した際に、鈴木さんは前述の言葉を贈り、「番組史上一番おもしろい」「筒井康隆、星新一、藤子不二雄Fのよう」と絶賛します。

さらに、街裏さんは『爆笑問題カーボーイ(TBSラジオ)』の「第2回 夏の地下芸人まつり」にも出演。地上に上がってきそうな芸人を発掘するというバトル企画で、漫談を披露。「他のネタを観てみたい」「大化けするかもしれない」と爆笑問題の2人から称えられ、見事優勝しました。

現在のお笑い界のトップランナーから太鼓判を押されている街裏さん。超クールです。

スポンサーリンク

街裏ぴんくはコワモテ悪役俳優? 美声のR&Bシンガー?

大きな身体とコワモテな風貌のおかげで、「街で絡まれない」という特技を持っている街裏ぴんくさん。過去には悪役俳優専門の事務所でも活動していたことがあるそうです。

また、街裏さんのもう一つの特技は「甘い歌声」。R&Bシンガーを志していたこともあり、漫談にラップを取り入れたり、オリジナルの歌ネタに取り組んだりしています。

チャーハンの歌

まとめ

『R-1ぐらんぷり』で優勝することを目標に掲げ、月20本以上のライブを行うなど、とにかく芸を磨き続けている街裏ぴんくさん。尺の関係もありテレビでは流せないネタが多いようですが、唯一無二の芸風を貫きながらブレイクしてほしいです。

スポンサーリンク