耳に残るフレーズと圧倒的バカバカしさ、ちょっと過激な下ネタで独自の芸風を確立しているピン芸人・ルシファー吉岡。2016年以降、毎年『R-1ぐらんぷり』で決勝進出を果たしている“ミスターR-1”です。

ルシファー吉岡のプロフィール

ルシファー吉岡

ルシファー吉岡(ルシファーよしおか)
本名:吉岡 大輔(よしおか だいすけ)
性別:男性
生年月日:1979年10月13日
身長/体重:172cm/82kg
血液型:O型
出身地:島根県
所属事務所:マセキ芸能社

※出典:https://www.maseki.co.jp/talent/lucifer_yoshioka

ルシファー吉岡さんは高校卒業後、東京電機大学に入学。地元の友人と漫才師になることを約束をしていたため、入学後すぐお笑い芸人になる予定でしたが、母親に「せめて卒業してから」と懇願されて延期。しかも、大学3年生のときにその友人から「就職するからコンビを組めない」と言われてしまい、ひとまず大学院(理工学研究科)に進学します。

大学院修了後は、芸人の世界を諦めて一般企業に就職。開発部門に配属されますが、サラリーマン生活が耐えられなくなり、入社から約10カ月後に退職。本当にやりたかったお笑いの世界に飛び込むことを決意し、28歳のときにマセキタレントゼミナール(マセキ芸能社の養成所)に入学しました。

その後、ピン芸人としてデビューして、2014年に『第5回 お笑いハーベスト大賞』で優勝。2016年からは5年連続で『R-1ぐらんぷり』のファイナリストになっています。

スポンサーリンク

ルシファー吉岡の憧れはバカリズム? ミスチルが“未来”を後押し?

小さい頃からダウンタウンが好きだったこともあり、「お笑い=幼馴染がコンビでやるもの」という先入観を持っていたルシファー吉岡さん。地元の友人とのコンビ結成が実現しなかったときには、もう芸人にはなれないと思い、絶望したそうです。

この投稿をInstagramで見る

 

n@o(@codename_nm)がシェアした投稿

そんなルシファーさんが再びお笑いへの情熱を取り戻すきっかけとなったのが、バカリズムさんと劇団ひとりさん。サラリーマン時代にテレビで彼らのネタを観て、「コンビでなくてもこんなに面白いネタをやれるんだ!」と衝撃を受け、ピン芸人を目指すことに。後にルシファーさんは、憧れのバカリズムさんと同じ事務所に所属し、“ポストバカリズム”と呼ばれるまでになります。

この投稿をInstagramで見る

 

ルシファー吉岡とお茶。

バカリズム(@bakarhythm)がシェアした投稿 –

また、ルシファーさんが芸人になることを後押ししてくれたのが、当時ポカリスエットのCMで流れていたMr.Childrenの『未来』という曲。サビの歌詞「生まれたての僕らの前にはただ 果てしない未来があって♪」に心が打たれ、パーっと開けたような気がしたとのこと。現在でもこの曲が、ルシファーさんの大切な指針となっています。

この投稿をInstagramで見る

 

#ミスチル

バカリズム(@bakarhythm)がシェアした投稿 –

ルシファー吉岡はマセキの大沢たかお? ナレーターとして活躍中?

デビュー以来、その芸風も相まって“おじさん芸人”と言われ続けてきたルシファー吉岡さん。近年の“おじさんブーム”も追い風になり、「実はイケているのでは?」という声がチラホラ出てきています。

ルシファーさん自身もまんざらではないようで、過去にゲスト出演した番組ではメガネを外した顔は俳優の大沢たかおさんに似ていると発言し、お茶の間をザワつかせました。

ルシファー吉岡
※出典:https://times.abema.tv/posts/1064145

さらに、ルシファーさんの魅力は“顔面”だけではありません。現在、ルシファーさんはオードリー・若林正恭さんらが出演する『激レアさんを連れてきた。(テレビ朝日系)』のナレーションを務めていて、その“声”にも注目が集まっています。

前身番組『アップデート大学』の放送開始前、先生っぽい声ができる人をスタッフが探していたところ、『R-1ぐらんぷり』で教師役をやっていたルシファーさんに白羽の矢が立ち、依頼が舞い込んできました。ルシファーさんのポップな語り口は好評で、この番組の人気の一翼を担っているそうです。

スポンサーリンク

ルシファー吉岡の芸風は? 男のバカさを凝縮した一人コント

ルシファー吉岡さんは教師や上司に扮した一人コントを披露。思いつくことの7割が下ネタのため、必然的に男ウケする下ネタが占める割合が高くなっています。それに反して設定が緻密でセリフはインテリジェンス、演技力も抜群なのでイヤらしさが少なく、バカバカしい笑いの中にもどこか品があります。

大化の改新

erotic picture

Cryptogram

ルシファー吉岡 Official Channel』『MASEKIGEINOSHA』では、ルシファー吉岡さんのネタを楽しむことができます。

まとめ

誰よりもピン芸人であることに誇りとこだわりを持って、舞台に立っているルシファー吉岡さん。長年「下ネタの帝王」の名をほしいままにしてきましたが、ここ数年は下ネタに限らず、いろんなタイプのネタに挑戦しています。その成果が実を結び、『R-1ぐらんぷり』で悲願の優勝を果たせるのか要注目です。

スポンサーリンク