若手芸人の登竜門『ABCお笑いグランプリ』で優勝したことで注目され、メディアへの露出が増えているお笑いコンビ・ファイヤーサンダー。質の高いネタに定評がある、若き“コントマスター”です。

ファイヤーサンダーのプロフィール

ファイヤーサンダー

ファイヤーサンダー
所属事務所:ワタナベエンターテインメント
【写真左】
藤田 崇之(ふじた たかゆき) ※ツッコミ担当
性別:男性
生年月日:1987年12月16日
身長:170㎝
出身地:大阪府茨木市
【写真右】
﨑山 祐(さきやま ゆう) ※ボケ担当
性別:男性
生年月日:1991年3月11日
身長:179㎝
出身地:和歌山県日高町

出典:https://www.watanabepro.co.jp/mypage/4000088/

ファイヤーサンダーの2人は、大阪NSC(34期生)出身。それぞれ別々のコンビを組んでいましたが、同時期に解散。2014年に藤田崇之さんが﨑山祐さんを誘う形でコンビを結成し、吉本興業に所属します。しかし、大阪では実力が全く評価されず、コントをやるなら東京のほうがいいのではという思いから、吉本を辞めて上京。フリーで活動した後、ワタナベエンターテインメントに所属することになりました。

コンビ名の「ファイヤーサンダー」は、大人気ゲーム&アニメ『ポケットモンスター』に登場する伝説のポケモン「ファイヤー」「サンダー」「フリーザー」を連想させるため、ポケモン由来説がありましたが、実際は適当に付けたそうです。

スポンサーリンク

ファイヤーサンダー藤田崇之は濱田マリ似? さらば青春の光との関係は?

ファイヤーサンダーの藤田崇之さんは濱田マリさんに似ていることを自称していて、ライブやイベントでは「濱田マリが言いそうなことを言う」というネタを披露しています。

そんな藤田さんと深いつながりがあるのが、お笑いコンビ「さらば青春の光」の東口(芸名:東ブクロ)さん。藤田さんの母方の従弟にあたり、家も近所だったので、昔からよく遊んでいたそうです。

東口さんのほうが先に芸人となりテレビにも出ていたため、「自分にもできるんじゃないか」とお笑いの世界に飛び込んだ藤田さん。身近に苦楽を共有できる人がいるなんて、素敵ですよね。

ファイヤーサンダー﨑山祐の元相方はさや香・新山? ダメ出しが厳しい?

ファイヤーサンダーの﨑山祐さんは和歌山工業高等専門学校を卒業した後、大阪NSCに入学。ファイヤーサンダー結成以前は、お笑いコンビ「さや香」の新山さんとコンビを組んでました。

さや香が『M-1グランプリ2017』で決勝進出を果たしたことが、大きな刺激になった﨑山さん。翌年の『第39回ABCお笑いグランプリ』では、ファイヤーサンダーとして優勝することになります。

また、ファイヤーサンダーのすべてのネタを作っている﨑山さん。ネタへのこだわりが半端なく、ネタ合わせ時から藤田さんに厳しくダメ出ししているそうです。さらに「自分が必死にネタを作っている間、寝ているだけ」「ネタのアイデアを固めているときも、子どもたちとサッカーをしている」という藤田さんに不満があり、衝突することもあるようです。

お笑いファンの間では「不仲説」も流れているファイヤーサンダーですが、2人は不仲であることが『ABC~』優勝の原動力になったことを認めています。お笑いに妥協しない﨑山さんと自然体の藤田さん。芸人としてはバランスがとれて、案外いい関係なのかもしれません。

スポンサーリンク

ファイヤーサンダーの芸風は? ストーリー性があり見ごたえ十分!

コントをやるために活動拠点を東京に移すほど、コントへのこだわりが強いサンダーファイヤー。ホームラン級のネタはありませんが、どのネタもクオリティが高く、確実に笑いのヒットを放ちます。

謝罪会見

寿司屋

無人島

所属事務所の公式YouTubeチャンネル『ワタナベお笑い公式チャンネル』では、ファイヤーサンダーのネタを楽しむことができます。

まとめ

現在、所属事務所主催のライブや若手芸人の合同ライブにも積極的に参加しているファイヤーサンダー。ネタの数は増え続け、毎回、新鮮な笑いを届けてくれます。お笑い初心者にとっても親しみやすい設定が多いので、気になる方は是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク